本文へジャンプ


“「君が代」解雇”とは?



 ご存知でしょうか? 東京都教育委員会(都教委)は、卒業式の「君が代」斉唱時に起立しなかった教員に対し、不当な処分を繰り返しています。
 とくに根津公子さん河原井純子さんには、処分が累積された結果、2007年春にそれぞれ停職6ヵ月、停職3ヵ月という処分が出されました。それでも彼女たちは「君が代不起立」の決意を変えていません。
 都教委は「停職は6ヶ月まで」としていることから、根津さんは今年2008年3月の卒業式での免職処分が、河原井さんは来年2009年3月の卒業式での免職処分が危惧されています。 もの言う教員たちは、東京の学校から追い出されてしまうのです。
 教育者として、また歴史から真摯に学ぶ者として、生徒たちの目の前で不当な命令に従えないのは当然のことです。思想・良心の自由は憲法で保障された基本的権利です。都教委の行ないは、「職務命令」を盾にこれを侵すものです。
 自由な社会を、民主主義を守るために、あなたも力をお貸し下さい。
                                     [2008年2月 記]

★二人はなぜ「君が代」が歌えないのでしょう? 詳しくはこちら
★二人に関する直近の情報はブログをご参照ください。
★最近のマスコミ報道をこちらに集めました。