河原井さん 根津さんらの

 「君が代」解雇させない会

★
このサイトは、
〈河原井さん根津さんらの
「君が代」解雇をさせない会〉
のホームページです。


解雇させない会 過去の記事
-------------------------------------------------------------




 今春(2012年)の卒・入学式で「君が代」不起立し、処分された田中聡史さんに対し、都教職員研修センター(都教委の機関)に呼び出しての再発防止研修が8月31日に予定されています。

 彼に対する再発防止研修は、8月31日を含め都教職員研修センターに呼び出しての「研修」が3回、都教委が学校に出向いての「研修」が3回、そして校長による「研修」が毎週1回(計20回ほど)と、従来とは明らかに目的を異にするもので、看過できません。

 

そこで、お願いがあります!!

@8月31日の再発防止研修を止めるよう、
       都教委に声を上げてください。
 
                 ↓
  教育情報課(市民の声を聞く係) 
    TEL:03−5320−6733 
    FAX:03−5388−1726
    メール:S9000004@section.metro.tokyo.jp

 A8月31日当日、
   被処分者の会主催で、
    中止要請と抗議、
     そして田中さんを激励します。
                 ↓
   日時:8月31日・午前8:45〜 
   場所:都教職員研修センター前
              (水道橋東口下車。北に向かい、はじめの大きい交差点右、都立工芸高校と同じ建物の東半分)

詳細はニュース42号をご覧下さい


(以下は終了しました。ご参加ありがとうございました。)
 201271(日)

解雇させない会 2012年度総会

三宅晶子さんのお話と交流

場所・国分寺労政会館
(JR中央線国分寺駅南口より西に約5 分)

●総会 13:15〜13:55


●三宅さんのお話と交流 13:55〜16:30

詳細はニュース41号をご覧下さい



●2012年1月16日、06年事件(河原井:停職1月、根津:停職3月処分)に対する最高裁判決が出されました。
「解雇させない会」では、この判決に対する
「声明」を発表しました。
ニュース最新号をぜひご覧下さい。


 まずは、河原井純子さん、根津公子さん、お二人ともに2010年、11年3月に定年退職を迎えることができましたことを報告いたします。
 そして、これまで多くの方々にご支援を賜りましたことを改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
                     *
 2011年6月25日には、八王子労政会館で総会をもち、これまでの活動の総括と今後の活動についての話し合いをもちました。総会での議論については、「ニュース37」をご参照下さい。
 議論の結果、
会の名称はこれまでどおり、「河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会」とし、そして、あらたに、「停職処分を取り消し、学校現場に自由のいぶきを」をスローガンとして掲げることにしました。
 引き続き、河原井さん・根津さんらの「君が代不起立」に対する停職処分取り消し裁判を支えつつ、学校現場への「日の丸・君が代」の強制の撤回を目指し、また、自由にものが言えない現在の学校現場を支えていくべく、これからも活動を続けていきます。
 これからも、ともに考え、行動してくださるよう、よろしくお願いいたします。

                    
 2011.6.25総会を終えて  


      (以下は終了しました。ご参加ありがとうございました。)

06年事件
(河原井:停職1月、根津:停職3月処分)
 
 
最高裁判決

 日時2012年116日(月)

       
13:30〜 第1小法廷にて 

 
●12:30〜集合  傍聴抽選券配布、抽選がありますので、
  最高裁南門
(地下鉄永田町4番出口徒歩3分)にお出で下さい。
  ※今回は、憲法判断ではなく、「裁量権濫用」についての判決です。

 
●報告集会 15:30〜 社会文化会館第一会議室
  (判決後すぐに会場を開けますので、そこでお待ちいただけます。)。

 2006年3月卒業式の際の「君が代」不起立に対する処分(河原井純子さん停職1ヶ月、根津公子さん停職3ヶ月)の取り消しを求めて起こしている裁判(「06年事件」)の、最高裁判決法廷です。ご注目下さい。

★裁判(カレンダーをご覧下さい。)




       (以下は終了しました。ご参加ありがとうございました。)
★NEWS!
 
06年事件
 
 
最高裁が弁論を開く!
 

 日時2011年1128日(月)

       
10:30〜 第1小法廷にて 

  ※9:30〜 傍聴抽選券配布、抽選があります。
  ※12:00〜報告集会を行ないます。
         (弁護士会館508号室にて)

 2006年3月卒業式の際の「君が代」不起立に対する処分(河原井純子さん停職1ヶ月、根津公子さん停職3ヶ月)の取り消しを求めて起こしている裁判(「06年事件」)で、最高裁から、「本件を上告審として受理する。申立ての理由中、上告受理申立理由書(1)にかかわる部分を排除する」との知らせが届きました。

 
上告受理申立理由書(2)「裁量権濫用」について、最高裁は弁論を開く、というものです。
 控訴審判決が見直される可能性が出てきました。
 ご注目を!!
 詳しくは、ニュース38をご覧下さい。⇒コチラ
  
******************************

   (以下は終了しました。ご参加ありがとうございました。)

★連続学習会/講演とトーク

 
 
貧困と「日の丸・君が代」
 
       ・公務員バッシング


 日時:2011年 1120日(日) 中野商工会館・大会議室
  
 講師:藤井啓之さん(愛知教育大学教授)
  
 藤井啓之さん(40代)のお話は、貧困化政策と「日の丸・君が代」そして公務員バッシングとがどう関連するのかをわかりやすく説くものです。
 9月23日放送のレイバ―ネットTV19号「大阪教育特番『橋下さん あんまりだっせ』」に出演された藤井さんのお話は非常に好評でした。
                             チラシは⇒コチラ

 ※藤井啓之さんは、ご自身のブログで、大阪・橋下府知事のトンデモ「教育基本条例」と、その橋下知事が多くに支持される要因について(「ハシズム分析」)、的確な分析と批判を展開されています。

裁判カレンダーをご覧下さい。)






 (以下は終了しました。ご参加ありがとうございました。)

 2011322(火)

「君が代」処分にNo! 石原都政にもの言おう 第2弾!!
3・22 都庁前
アクションアンサンブル
アンコール


16:30〜17:20 都庁第2庁舎前でアピール行動

17:30〜 要請行動:都庁第2庁舎 10階 207会議室

 北村小夜さん(障害児を普通学級に・全国連絡会)、高嶋伸欣さん(琉球大名誉教授)も発言してくださいます。 

*要請書は各団体・個人で3部ご用意ください(要請書がなくても、要請できますが、できればご持参ください)。

               *    *    *

◎主催・賛同団体:河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会、東京都障害児学校労働組合、町田市公立学校教職員組合、多摩島嶼地区教職員組合、新宿区教職員組合、西多摩公立学校教職員組合、特別区教職員組合、アイム'89東京教育労働者組合、東京都学校事務職員労働組合、墨田区教職員組合、品川区教職員組合、江東区公立学校教職員組合、港区教職員組合、渋谷区教職員組合、練馬区教職員組合、葛飾区教職員組合、江戸川区教職員組合、八王子市教職員組合、日野市教職員組合、コンサート自由な風の歌6実行委員会、「君が代」不当処分撤回を求める会、『米山さんの「君が代解雇」を許さない会、沖縄一坪反戦地主会・関東ブロック、藤田さんを応援する会

 *賛同団体を募っています。趣旨に賛成いただけましたら、賛同団体になってください!





 3・9 高嶋伸欣さん(琉大名誉教)要請書


 3月9日、都庁前アクション・アンサンブルが行われました。60人の参加で、都教委に対しアピールと要請行動を行いました。高嶋伸欣さんも駆けつけてくださり、学者の指摘が加わって、中身の濃い要請行動となりました。

 高嶋さんは、学校教育法が、義務教育の章で小学生の段階から「公正な判断力」「思考力」を育むことを求めていることを示し、都教委の「日の丸・君が代」の職務執行はそれに違反することを指摘されました。

*************************************************************


                                      2011年3月9日
東京都教育委員会
 委員長 木村 孟  殿
 教育長 大原 正行 殿  
                        琉球大学名誉教授 高 嶋 伸 欣
                                   東京都杉並区在住

                    要 請 書

 貴委員会が、2010年度卒業式を含め、東京都立諸学校での教育活動について、「日の丸・君が代(国旗・国歌)」の取り扱い及び位置づけに関した校長職による個別職務命令書等の伝達などを、指示している点に対し、以下の根拠をもって、私は反対します。さらに、こうしたこれまでの指示を早急に撤回し、この間に誇りと権利を侵害された人々の名誉回復と損害の補償をすみやかに実施されることを、ここに要請します。

〈 理由 〉

  1. 教育基本法の全面改訂に合わせて大幅に改正された現行学校教育法に於いては、新たに「第2章・義務教育」の条項が設けられ、その第21条で10項にわたって列記した〈義務教育の目標〉の第1項において「公正な判断力」育成が明記されています。この目標達成のためには、複数の見解・解釈等を児童・生徒に提示することが必須条件であることを、東京都教育委員会自身が東京地裁の法廷に提出した文書(2007年9月27日、平成18年(行ウ)第478号事件「準備書面(3)」)において明確に指摘しています。
     学校教育は、教科教育だけでなく課外活動、特別教育活動などを通じて実施されるものであり、卒業式・入学式等の儀式においても、学校教育法の規定を遵守した教育の実施を保障する教育行政が義務づけられているはずです。
     学校教育法は、国会審議を経て制定された法規であり、文部科学省による官報告示によってのみ法的拘束力を有するとされている学習指導要領よりも上位の法規です。
     その上位の法規の規定に照らして不整合の状況を生じさせている学習指導要領の解釈と運用を強行している貴教育委員会の行政行為は職権乱用であり、違法です。この認定は、第3次 家永教科書裁判の東京高裁川上裁判長判決〈1993.10.20〉において示された判断基準であり、この基準に対して文部省(当時)はなんら反論できず、同裁判の最高裁判決(1997.8.29)においても、この判断基準によって国側の敗訴を確定させられ、国側は家永氏に対して国庫から40万円の賠償金を支払わせられたものです。
  2. ちなみに、上記改正学校教育法は2007年に改正施行されたものです。にもかかわらず、東京都教育委員会は、第21条が新設された事態に即した対応を「日の丸・君が代」に関する教育行政において今日まで実行されていない点において、不作為の責任を問われかねません。早急に是正措置が必要であると思料されます。
  3. また、上記、2の件は前出1で言及した東京高裁川上判決が職権乱用による違法行為と認定する基準とした厳密、厳格さ、が必須とされる法規を恣意的便宜的に解釈と運用をしている場合に該当する、と考えられます。法律が大幅に改正されたにもかかわらず、その解釈と運用を是正していないためです。
     この点においても、貴委員会の最近数年間の「日の丸・君が代」に関する職務執行には違法の疑いが濃いと思料されます。
  4. さらに、学習指導要領に一定程度の法的拘束力があると認定した「旭川学力テスト事件」最高裁判決(1976年5月21日)にしても、あくまで学習指導要領が大まかな大綱的規定にとどまることを前提にしたものです。しかも同判決は、教育行政の行き過ぎを防止する意味で「例えば、誤った知識や一方的な観念を子どもに植えつけるような内容の教育を施すことを強制するようなことは、憲法26条、13条の規定上からも許されない」と明確に指摘しています。東京都教育委員会は、ここに例示された通りの「強制」を、「日の丸・君が代」に関する指示等でし続けているという点で、この最高裁大法廷の判例に違反していると思料されます。
  5. 以上の各理由項目の内容をもってするならば、改正学校教育法「第6章 高等学校」第51条の「高等学校教育の目標」第3項にある「健全な批判力」の育成を図るために、教材事例として、昨今の都教委による「日の丸・君が代」強制の行政実態は、きわめて好適な素材であると思料されます。
     都教委が採択した扶桑社版中学社会科教科書をめぐる問題が、すでに現行版高校教科書に記載され、検定に合格している事実に鑑み、「日の丸・君が代」強制をめぐるこうした問題が高校教科書等に記載されるのも時間の問題と思われます。
     大人以上に強い正義感を示すことの多い若者たちの「教室での審判」の場に東京都の恥が晒されることは、都民の一人として耐えがたい思いです。
     主権在民の日本社会において、不条理な状況を放置したままにしてはならないことを、大人が若者から学ぶのは恥ずかしい限りです。私たち大人社会の責任で是正措置をただちに実行すべきです。     

                                            以上




 高嶋さんの要請書のダウンロードはこちらから。





(以下終了)
 201139(水)

「君が代」処分にNo!石原都政にもの言おう
3・9都庁前
アクションアンサンブル

16:30〜17:20 都庁第2庁舎前でアピール行動

    高嶋伸欣さん(琉球大名誉教授)も発言してくださいます。 

17:30〜18:00 要請行動:都庁第2庁舎 10階 207会議室

*要請書は各団体・個人で3部ご用意ください(要請書がなくても、要請できますが、できればご持参ください)。

18:00〜18:15 都庁第2庁舎前に戻って、まとめの集会

               *    *    *
◎主催・賛同団体:河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会、東京都障害児学校労働組合、町田市公立学校教職員組合、多摩島嶼地区教職員組合、新宿区教職員組合、西多摩公立学校教職員組合、特別区教職員組合、アイム'89東京教育労働者組合、東京都学校事務職員労働組合、墨田区教職員組合、品川区教職員組合、江東区公立学校教職員組合、港区教職員組合、渋谷区教職員組合、練馬区教職員組合、葛飾区教職員組合、江戸川区教職員組合、八王子市教職員組合、日野市教職員組合、コンサート自由な風の歌6実行委員会、「君が代」不当処分撤回を求める会、『米山さんの「君が代解雇」を許さない会、沖縄一坪反戦地主会・関東ブロック、藤田さんを応援する会

 *賛同団体を募っています。趣旨に賛成いただけましたら、賛同団体になってください!


          ≪根津公子さんからのメッセージ≫



根津公子です。

私の勤務するあきる野学園の卒業式が24日に行われます。私にとっては、最後の卒業式です。

「日の丸・君が代」の意味も歴史も教えず隠し、国家の価値観を刷り込むことに加担することはできないと思うので、今回も「君が代」斉唱時に起立はしません。これまで停職6か月処分を3回受けてきた私に、都教委は今回どのような処分をするのか、分限免職(=教員としての資質に問題があるからクビ)も考えていると思います。

絶対に分限免職にさせない! そのために、都教委に「10・23通達を撤回せよ。分限免職にするな」と要求する行動を行います。
また、この行動の中で、都教委に要請行動もします。

どうぞ、ご参加くださいますよう、お願いします。





     
≪3月4日 立川駅での街頭宣伝に妨害行動≫

以下、根津さんからの報告です。

*************************************************************

根津公子です。(転送、大歓迎です。)

今年も毎週金曜日の夕方、立川駅前で情宣活動をしています。昨日は9人でチラシをまき、リレートークで訴えをしました。高校生や若い方で自ら手を出してくれたり、しばらく佇み、様子を伺って、話しかけてくる人がしばしばいます。署名にも応じてくれます。また、私の場合は立川二中(2004年度、2005年度)、八王子・石川中(1990年度〜1999年度)、そして、今の勤務校・あきる野学園の卒業生や保護者から声をかけられることがよくあります。それが立川駅での情宣の楽しみでもあります。

昨日は、私がマイクを持って話し始めるやいなや、胸に3つのバッジ(旭日旗のバッジ、北朝鮮拉致被害者救援の水色リボンのバッチ、もう一つは何のバッジかわからず)をつけた40代の、女性を連れたごっつい男が私につっかかてきて、私の体に触れないだけの至近距離で「君が代」をどでかい声で歌い出しました。私が場所を動くと、ピタッとついてきながら歌い続け、また、「日本人止めろ。中国に行け」などと怒鳴るのです。私が持つマイクを、そのでかい声が拾ってしまうのですから、妨害もいいところです。私は気づかなかったのですが、相当酒臭かったと、他の人たちが言っていました。同伴の女性は「暴力は止めてぇー こわい」などと、か弱い女性を演じ、男に協力しました。私と男との距離をあけるために、間に何人かが入り、私はとちりながらも訴えを続けました。

10数分経った頃、5,60代ほどの男がやってきて、その男が歌う「君が代」に拍手を始めたのです。そして、3人は連れ立って、帰っていきました。5分ほどして警察官が一人来ました。通報があったとのことで、警官が来たのでした。警察官の話で、通報してくれた方がいたのだと知りました。通報をしてくださった方は、3人が階段下のバス乗り場に行ったことを確認して、通報してくれたのでした。警察官は、そのことを伝え、「特に何もなかったようだから」と引き上げていきました。

この一部始終を公安は観察していました。

この3人がグルだったことははっきりしました。たまたま通りかかったのではなく、数か月間毎週(しかも3年にわたって)私たちが立川駅で情宣していることに我慢がならず、計画し、酒をあおって勢いをつけてやってきたのでしょう。もしかすると、組織としての動きだったのかもしれません。喧嘩っ早そうな男でしたが、手を出したら危ないことがわかっていて、私たちが手を出したら暴力事件に仕立てようと目論んでいたようでした。私たちは、挑発には乗りませんけれど。

1時間の情宣の初めの部分で、こんな災難に見舞われましたが、皆さん気を取り直して、その後を続けました。

さて、次回は11日の金曜日の夕方ではなく、親子連れが多いだろう12日(土)の1時から行います。参加人数が少なければ北口で、たくさんの方が参加してくだされば、北口と南口とで行いたいと考えています。

どうぞ、ご参加・ご協力くださいますよう、お願いします。



(終了 こちらで録画が見られます
 2011224(木)

レイバーネットTV・教育特番
〜窒息寸前! 東京の学校・なう


詳細はこちら




今年もまた「日の丸」へのお辞儀と「君が代」斉唱が強制され、
これに反対する教員が処分される、重苦しい季節が近づいてきました。

しかし、そんな状況を跳ね返そうという、元気の出る企画が
レイバーネットから届きました!
教育現場の現状をリポートする番組が、インターネット上で
生で放映されます。
→(アドレス http://www.labornetjp.org/tv

職員会議での挙手採決の禁止や「日の丸・君が代」強制・処分など
おかしな通達を連発し、「窒息寸前!」と言われ続けている
東京の学校ですが、
最近では、残念ながらこの東京方式が全国に広がりつつあります。

マスコミが伝えないこうした現状を、教員たちが生出演し、訴えます。

また、インターネット放送のいいところは、視聴者からその場で
意見を寄せられるところだそうです。
ツイッターを利用して、その場でどんどん疑問や意見を発信することができます。
出演された教員の方たちと視聴者とのあいだで、
放映中にも意見のやりとりができるということです。

教員の方は、学校の現状と、率直な苦しい胸のうち、
そして、「負けてないぞ!」の報告を、
一般の方、生徒の方は、
「こんな学校になってほしい」「こんな授業が受けたい」
「先生がんばれ」など、先生、都教委への要望・エールをお寄せ下さい。

都教委も観ているはずです。
出演している人と視聴者の声を全国に伝える良い機会となるでしょう。

視聴の方法やツイッターの仕方など、わからないことがありましたら、
事前に、ビデオプレスまで(TEL:03-3530-8588)お電話下さいとのことです。

どうぞ、ぜひご覧下さい。また、周囲の方々にもお知らせ下さい。

番組の詳細はこちら



2011年が明けました!
年が明けると、まもなく卒業式シーズンがやってきます。
「日の丸・君が代」に、その強制に反対する
心ある教員たちにとって、厳しい寒風の吹く季節です。
引き続き、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

懲戒免職・分限免職を許さないために
再びみんなの力を結集しましょう!
お力をお貸しください!

 順調にいけば、今年度で根津公子さんは定年退職を迎えます。2011年3月24日に行われるあきる野学園の卒業式が、最後の卒業式になります。子どもたちの教育に責任を持つべき教員として、教育に反する職務命令に従うことはできないとして、根津さんは「今度の卒業式でも起立はしない」と、明確に意思表示をしています。

 2007年3月に停職6か月処分にされた根津さんは、2008年の処分で懲戒免職が心配されました。しかし、全国のたくさんの人たちが声をあげ、行動してくださったことによって、その年の懲戒免職は阻止することができました。

 2008年7月、都教委は、分限処分・免職を出す基準となる「対応指針」を作りました。「対応指針」に明記された、「職務命令に違反する」「懲戒処分を受けたにもかかわらず、再び非違行為を行う」のは、「君が代」不起立を続ける数人の教員の他に該当者はいません。根津さんら数人を想定した「対応指針」であり、2008年に懲戒免職にすることに失敗した都教委が、この「対応指針」を使って根津さんを分限免職にしようと様子をうかがっているだろうことは確かです。

 2009年には、2008年同様、皆さんのお力によって分限免職を阻止することができました。しかし、今回も都教委は根津さんを分限免職にすることを諦めてはいないはずです。都教委にそれをさせないために、解雇をさせない会では行動を始めました。下記の行動への、皆さんのご参加を呼び掛けます。
 また、都教委にあなたの声を電話や手紙で届けてください。

▽都教委人事部服務係(処分担当) 
  電話 03-5320-6792
▽都教委総務部教育情報課(苦情受付担当) 
  電話 03-5320-6733



分限免職・懲戒免職反対署名

東京教組・都障労組の扱いで開始されました。
是非とも、皆さまのご協力をお願いいたします!


--------------------------------------------------------------

 東京都教育委員長 木村 孟 様
 東京都教育委員会 教育長 大原 正行様

「君が代」強制に対する不服従による、分限免職・懲戒免職を出さないことを求めます
  
 東京都教育委員会(以下、都教委と言う)は2003年10月23日に、いわゆる「10.23通達」を出し、卒業式・入学式等の「君が代」斉唱の際に、教職員が起立・伴奏をするよう、校長に職務命令を出させ、これまでに430名の従わない教職員を処分してきました。とりわけ一貫して不起立を貫いてきた根津公子さんに対し、06年度から08年度に渡り、不当にも停職6ヶ月処分を繰り返してきました。

 都教委が2008年7月15日に出した「分限事由に該当する可能性がある教職員に関する対応指針」は、教職員が情実に左右され、身分保障をいたずらに剥奪される危険をはらんだものであり、見過ごすことはできません。「職務命令に違反する」「懲戒処分を受けたにもかかわらず、再び非違行為を行う」などの事由を並べ、職務命令の違憲・違法性を問うこともなく、「君が代」不起立を続ける根津さんを分限免職にするのではないかと、私たちは危惧します。本来分限処分は懲罰的な意味合いを持たせるべきものではありません。

 都教委は、教職員の不起立・不伴奏が「戦前の国家主義教育への反省から生まれた憲法・47年教育基本法に違反する教育」には加担しないという教職員の良心・職責としての行動であることを真摯に受け止め、「君が代」強制に対し、不服従を表す者への懲戒免職や、分限免職を発動しないよう強く求めます。
 私たちは以下のことを要求します。


1 「10.23通達」を撤回すること
2 「10.23通達」に基づく処分を撤回すること
3 「君が代」強制に対する不服従で懲戒免職及び分限免職をしないこと


取り扱い団体:
東京都公立学校教職員組合
千代田区一ツ橋2−6−2日本教育会館7F
п@03−5276−1311
東京都障害児学校労働組合
杉並区高円寺北3−31−3−102
п@03−3223−8616

署名用紙ダウンロード



(終了)
世取山洋介さん講演会
「君が代」不起立・伴奏拒否の教育(法)的意義

-------------------------------------------------------------

2010年1128日(日)18:1520:30
場所:アンサンブル荻窪 第2会議室(荻窪駅西口徒歩3分)
講師:世取山洋介
(新潟大学教育学部准教授)
資料代:500円 

  

-----------------------------------------------

 「君が代」不起立・不伴奏教員を処分する10 ・23通達発出から7年が過ぎました。子どもの教育を保証する目的ではなく、「おかしいことにノーと言う教員を排除する」ことを目的とした通達そのものが違法であることはいうまでもありませんが、10・23通達を境に、「君が代」処分を現場に強行することで、上司からの指示・命令が大手を振るようになってしまいました。東京の学校はいまや、「教師と子どもとの直接の人格的接触」に基づく教育が極めて困難な場となり、真実や人権を学ぶ場から後退していくばかりとなってしまっています。
 ――こうした今、教員は、そして、市民や保護者は何をしていったらいいのでしょう――。
 教員に「君が代」不起立・不伴奏を認めないことで、生じる子どもへの不利益は?
 教員が起立・伴奏を拒否することで、もたらす教育的意味は?
 これらの問題について、「日の丸・君が代」処分撤回を求めるいくつもの裁判で意見書を出し、理論構築をしてくださっている世取山洋介さんにお話を伺います。
 ご一緒に考えませんか。

▲チラシはこちら

主催:河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
連絡先:090-3543-8743

                                   

(終了)
「君が代」処分にNO! 石原都政にもの言おう!
2010年3・25 都庁前
アクション・アンサンブル
アンコール
「君が代」解雇を許すな!
おかしいことには「NO!」と言える学校に!


★アクション・アンサンブルでは、
市民団体と労働組合が共に石原都政に訴えます!☆


-------------------------------------------------------------

 2010.325日(木)16:30
  場所:東京都庁第2庁舎前にて

  
-----------------------------------------------
山田真さん(小児科医師)、大内裕和さん(松山大)、善元幸夫さん(小学校日本語国際学級教員)ら、多くの方がアピールします。

年も卒業式が近づいてきました。東京都教育委員会の2003年「君が代」強制の通達以来、子どもたちの成長を祝う卒業式と入学式の行事が、国に忠誠を誓わせる場にかえられました。
学校は、職員会議の採決が禁止されるなど、「もの言えぬ」場になってしまいました。
卒業式の「君が代」処分者は400名超になりました。
「強制で子ども達を少国民にしてはいけない」として君が代斉唱時に不起立を貫いてきた、河原井さん、根津さんには停職6か月という処分が出されています。08年7月の分限処分指針によって、都教委は「君が代」不起立者に分限処分の脅しをかけています。わずか40秒間すわっていただけでクビ? 全国初、前代未聞の解雇処分を許してはなりません。
分限指針による解雇処分は、全教職員、さらには全公務員の恣意的な首切りへと道を開きます。石原都政のこれまでの教育改革は、次々に教育の自由と平等を踏みにじり、公教育に競争と格差を拡大させてきました。私達は組合の枠を超え、広くこのアクションを呼びかけようと考えました。
今こそ教育を強制から救い、子どもに寄りそう教育の地平を切りひらいていきましょう。


★賛同呼びかけ団体――河原井さん・根津さんらの解雇をさせない会、東京都障害児学校労働組合、多摩島嶼地区教職員組合、新宿区教職員組合、墨田区教職員組合、練馬区教職員組合、葛飾区教職員組合、江戸川区教職員組合、品川区教職員組合、西多摩公立学校教職員組合、特別区教職員組合、日野市教職員組合、八王子市教職員組合、町田市公立学校教職員組合、アイム'89、東京都学校事務職員労働組合、都教委包囲首都圏ネットワーク、藤田先生を応援する会、板橋・学校と地域を結ぶ会、虹のたね(町田・鶴川)、風を編む(町田)、ビデオプレス、田畑先生の再雇用拒否の真相を究明する会、疋田教諭分限免職取消訴訟支援の会、視覚障害者労働問題研究協議会、文京七中分会・早川由紀子さんの不当免職撤回を支援する会、「君が代」不当処分撤回を求める会、練馬教育問題交流会、埼玉高教組川越特別支援学校分会、就学時健診を考える府中市民の会、教育を考える多摩西部市民の会、学校現場に内心の自由を求め、「君が代」強制を憲法に問う裁判、セルフ・エスティーム・リンケージ、琉球センターどぅたっち、命どぅ宝ネットワーク、荒川区職員労働組合、足立区教職員組合、江東区公立学校教職員組合、港区教職員組合、平和憲法を守る荒川の会、ほしのいえ、府中「君が代」処分を考える会(10.03.07現在42団体)

                                   2010.03.07


(終了)
「君が代」処分にNO! 石原都政にもの言おう!
2010・3・10 都庁前
アクション・アンサンブル
「君が代」解雇を許すな!
おかしいことには「NO!」と言える学校に!

-------------------------------------------------------------

 310日(水)16:30
  場所:東京都庁第2庁舎前

  ※17:00〜17:30は都教委への要請行動
    ⇒第1庁舎25階103号室にて
-----------------------------------------------
北村小夜さん(「障害」児を普通学級へ全国連絡会)もかけつけアピールします。
年も卒業式が近づいてきました。東京都教育委員会の2003年「君が代」強制の通達以来、子どもたちの成長を祝う卒業式と入学式の行事が、国に忠誠を誓わせる場にかえられました。
学校は、職員会議の採決が禁止されるなど、「もの言えぬ」場になってしまいました。
卒業式の「君が代」処分者は400名超になりました。
「強制で子ども達を少国民にしてはいけない」として君が代斉唱時に不起立を貫いてきた、河原井さん、根津さんには停職6か月という処分が出されています。08年7月の分限処分指針によって、都教委は「君が代」不起立者に分限処分の脅しをかけています。わずか40秒間すわっていただけでクビ? 全国初、前代未聞の解雇処分を許してはなりません。
分限指針による解雇処分は、全教職員、さらには全公務員の恣意的な首切りへと道を開きます。石原都政のこれまでの教育改革は、次々に教育の自由と平等を踏みにじり、公教育に競争と格差を拡大させてきました。私達は組合の枠を超え、広くこのアクションを呼びかけようと考えました。
今こそ教育を強制から救い、子どもに寄りそう教育の地平を切りひらいていきましょう。

★アクション・アンサンブルでは、市民団体と労働組合が共に石原都政に訴えます!


   「3・10 アクション・アンサンブル」チラシ

★賛同呼びかけ団体――河原井さん・根津さんらの解雇をさせない会、東京都障害児学校労働組合、多摩島嶼地区教職員組合、新宿区教職員組合、墨田区教職員組合、練馬区教職員組合、葛飾区教職員組合、江戸川区教職員組合、品川区教職員組合、西多摩公立学校教職員組合、特別区教職員組合、日野市教職員組合、八王子市教職員組合、町田市公立学校教職員組合、アイム'89、東京都学校事務職員労働組合、都教委包囲首都圏ネットワーク、藤田先生を応援する会、板橋・学校と地域を結ぶ会、虹のたね(町田・鶴川)、風を編む(町田)、ビデオプレス、田畑先生の再雇用拒否の真相を究明する会、疋田教諭分限免職取消訴訟支援の会、視覚障害者労働問題研究協議会、文京七中分会・早川由紀子さんの不当免職撤回を支援する会、「君が代」不当処分撤回を求める会、練馬教育問題交流会、埼玉高教組川越特別支援学校分会、就学時健診を考える府中市民の会、教育を考える多摩西部市民の会、学校現場に内心の自由を求め、「君が代」強制を憲法に問う裁判、セルフ・エスティーム・リンケージ、琉球センターどぅたっち、命どぅ宝ネットワーク、荒川区職員労働組合、足立区教職員組合、江東区公立学校教職員組合、港区教職員組合、平和憲法を守る荒川の会、ほしのいえ、府中「君が代」処分を考える会(10.03.07現在42団体)

                                   2010.03.07

2010年が明けました
年が明けると、もうすぐに卒業式がやってきます。
「日の丸・君が代」に、その強制に反対する
心ある教員たちにとって、つらい季節の到来です。
引き続き、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!


3月まで、立川駅にて

チラシまき、署名活動を行います!


どうぞご参加ください!

-------------------------------------------------------------

今年も3月まで月曜日18時から、立川駅北口南口とを交替で、チラシまき、署名活動を行います。
初回は、18日(月)18時から19時まで 立川北口コンコースにて。
お忙しい中ですが、ご都合がつきましたらぜひご参加下さるようお願いします。

※2月22日(月)は17:00〜18:15に変更となります。ご注意下さい。

                                   2010.01.16


分限免職・懲戒免職反対署名

分限免職・懲戒免職反対署名が、
東京教組・都障労組の扱いで開始されました。
是非とも、皆さまのご協力をお願いいたします!


--------------------------------------------------------------

 東京都教育委員長 木村 孟 様
 東京都教育委員会 教育長 大原 正行様

「君が代」強制に対する不服従による、分限免職・懲戒免職を出さないことを求めます。
 
 東京都教育委員会は2003年10月23日に、いわゆる「10.23通達」を出し、卒業式・入学式等の「君が代」斉唱の際に、教職員が起立・伴奏をするよう、校長に職務命令を出させ、従わない教職員を大量に処分してきました。既に400名を超える教職員が処分されています。
 2006年9月21日には、東京地裁で「日の丸・君が代の強制は違憲・違法。強制してはならない。」という判決が出されたにもかかわらず、都は高裁に控訴し、その後も不当な処分を繰り返しています。
 「君が代」強制に対して不服従を貫いている根津公子さん、河原井純子さんに対し、東京都教育委員会は、不当にも停職6ヶ月という処分を繰り返しています。さらに都教委が2008年7月15日に出した「分限事由に該当する可能性がある教職員に関する対応指針」は、教職員が情実に左右され、身分保障をいたずらに剥奪される危険をはらんだものであり、見過ごすことはできません。本来分限処分は懲罰的な意味合いを持たせるべきものではありませんが、不起立などで「君が代」の強制に抵抗している教職員を、分限によって免職処分にする可能性は否定できません。私たちは「君が代」強制に対する不服従での懲戒免職はもちろん、分限免職もしないよう強く求めます。
 私たちは以下のことを要求します。

1 「10.23通達」を撤回すること
2 「10.23通達」に基づく処分を撤回すること
3 「君が代」強制に対する不服従で懲戒免職及び分限免職をしないこと

取り扱い団体:
東京都公立学校教職員組合
千代田区一ツ橋2−6−2日本教育会館7F
п@03−5276−1311
東京都障害児学校労働組合
杉並区高円寺北3−31−3−102
п@03−3223−8616


署名用紙ダウンロード



(終了)
◆集会のお知らせ◆
NEW
卒業式、入学式の前に考えたい
「日の丸」・「君が代」
根津公子さんと近藤順一さんのお話

-------------------------------------------------------------

  227日(土)14:0017:00

会場:あきる野ルピア3階・研修室
    (JR 五日市線・秋川駅下車、北口徒歩3分)
主催:根津さん・近藤さんを囲む、あきる野市民の会
    連絡先:042-559-6941(谷口)

                                   2010.02.08


(終了)
都教委の学校支配体制にNO
12・24
都庁前アクション


どうぞご参加を!

-------------------------------------------------------------

つも、河原井さん、根津さんへのご支援をありがとうございます。都議選・衆院選と民主党の圧勝に明け暮れた'09年もあとわずかで終わりを迎えます。

しかし、依然、都教委の学校支配体制は改まっておりません。河原井さんの勤める八王子東養護学校も校長が替わり、無駄を許さない窮屈な学校に変化しており、根津さんは、来年度再び異動攻撃にさらされるかもしれない状況になっています。

2年続けてきた「都庁前OneDayアクション」ですが、今年は当初午後に小中「君が代」裁判が予定されていたので、午前中のみで計画しました。(午後の裁判はなくなりましたので、ご注意下さい。)

リレートーク・歌・演奏・チラシまきなどにみなさまのお力をお貸しいただけますよう、ご案内します。



12・24 都庁前アクション

日時:12月24日(木) 午前9時〜11時半
場所:9時〜10時 都庁第一庁舎前歩道
    10時半〜11時半 新宿西口小田急デパート前
内容:リレートーク・歌・ギター演奏など


☆チラシまきにご協力お願いします。
☆プラカード・のぼりなど道行く人々にアピールするものをご用意下さるとありがたいです。

※なお、恒例の木曜日チラシまきは、この日も午前8時〜9時まで都庁第2庁舎前で行います。






2009.1114日(土)(終了)
「植民地下朝鮮の子どもたちに寄り添った日本人教師・上甲米太郎(じょうこうよねたろう)

の話を聞き、東京の教育について考える集会


☆講師:
上甲まち子さん (上甲米太郎氏長女・青年劇場 俳優)

--------------------------------------------------------------

東京の学校は今、窒息寸前の状態にあります。
生徒も教員も、上から求められる“型”にガチガチにはめられて、息苦しいことこの上なしです。
しかし、歴史を振り返れば、日本の植民地下の朝鮮の子どもたちは、「日本人」として生きることを強要され、多くは学校を卒業しても職はなく、「内地」に渡り、安い労働力となるしかありませんでした。
そんな朝鮮人の生徒たちの状況を変えようと奮闘した日本人教師・上甲米太郎さんの歩みから、今の東京の状況を変えるヒントを得ることができればと思います。
繰り返される歴史に終止符を打つためにも。


○日時:09年11月14日(土)18:30〜
○場所:中野商工会館・大会議室 地図
○講師:上甲まち子さん
(上甲米太郎氏長女・青年劇場俳優)
       【主な舞台】
      ジェームス三木=作・演出「真珠の首飾り」(ベアテ・シロタ・ゴードン役)
      アリエル・ドーフマン=作「死と乙女」
      梶山季之=原作 ジェームス三木=脚本・演出「族譜」他多数に出演。

○資料代:1000円
○主催:河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
○問合せTEL:03-5907-6755(吉田)

                    *  *  *
 上甲米太郎さんは、1920年3月、17歳の時に日本の植民地支配下の朝鮮半島にわたり、20歳で教員になりました。そのとき、上甲さんは、日本人として朝鮮人を教育することに疑問はなかったと思われます。そんな上甲さんが、「変わる」きっかけになったのは、子どもたちが書いた作文だったといいます。そこに書かれた朝鮮人民衆の生活ぶり、土地と米を奪われ、卒業しても職のない生徒たちの困難な状況を見て、上甲さんは、みずから朝鮮語を学び、植民地支配が朝鮮人に及ぼす悲惨な状況をどうにかして変えたいと考えるようになったそうです。
 3・1独立運動のことを戯曲化して、子ども達に事実を知らせようとしたり、また東京で刊行されたプロレタリア教育雑誌『新興教育』を取り寄せて、同僚・元生徒らとともに読者会をつくろうとしましたが、1930年12月、授業中に特高警察より呼び出され、治安維持法違反容疑で逮捕。その後、教員に戻ることはできませんでした。
 西大門刑務所を出所後は土木労働などにつきますが、特高警察の指示で北海道で朝鮮人労働者の通訳をさせられたあと、三井三池に移動したところで敗戦。戦後は、三池炭鉱をレッドパージで解雇され、大牟田市で自由労働者として朝鮮人集住地区に住みました。
 日本植民地下の朝鮮で、朝鮮の子どもたちに寄り添った上甲さんの教員としてのありようを、米太郎氏の長女・まち子さんにうかがい、管理・抑圧がすすむ東京の教育について、みなさんと考える機会にしたいと思います。

                    *  *  *
本日(11月12日)の東京新聞朝刊特報欄に、本集会の案内と上甲米太郎氏についての記事が写真入りで大きく掲載されました。(ネット上には載っていないようです)

東京新聞記事ここからーーーーーー

――植民地下、朝鮮半島に生きた教師の人生
     すべての人の幸せ願う 14日、都内で娘が講演――

 植民地時代の朝鮮半島で、現地の子どもたちと生きようとした若き教育者、上甲米太郎氏(1902〜87)。あまり知られてこなかった上甲氏の人生について、女優で娘のまち子さん(72)が14日、都内で講演する。

愛媛県宇和群千丈大村(現八幡浜市)出身の上甲氏は旧制中学を卒業後、京城(現ソウル)の教員養成学校に入学。22年から、日本人が少ない慶尚南道(朝鮮半島東部)の農村部で、小学校教員や校長を努めた。
 残された日記によると、上甲氏は当初、子どもらを「日本人」に育てようとしたが、草を食べて飢えをしのぐ暮らしに触れ、10年の日韓併合による殖民地政策に疑問を持つ。
 日記には19年の「3・1独立運動」を描いた劇のシナリオも記されている。上甲氏を研究する高麗博物館(東京都新宿区)樋口雄一館長(68)は「同運動を隠したい朝鮮総督府の意向に反発し、劇を通じて独立運動の存在を知らせようとしたのだろう」と語る。
 上甲氏は農民からの収奪を批判し、社会主義的雑誌の読書会を企画し、30年に治安維持法違反で逮捕される。釈放後は朝鮮人労働者の通訳や管理者として北海道や福岡県の炭鉱で過ごした。戦後は教壇に戻らず、紙芝居などで生計を立てながら、子どもを見守る活動を続けたという。
(後略)

記事ここまでーーーーーーーーー




2009.1111日(水)

「再発防止研修」への抗議行動
(終了)

--------------------------------------------------------------

根津公子さんと河原井純子さんの2009年3月の卒業式での「君が代」不起立に対し、都教委は「再発防止研修」を強行します。
「再発防止研修」は、研修を受ける者に転向を迫るものであり、また、転向しなければ分限免職もありと脅すものです。
この再発防止研修を拒否すれば、このことをもって職務命令違反=懲戒処分とされますので、お二人は受講せざるを得ません。
河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会では、この日、都教委に対し抗議行動を行います。
いつもお願いばかりで恐縮ですが、
皆さま、どうぞ、行動にご参加くださいますよう、お願いします。

日時:11月11日(水)8:30〜12:30
    ※二人が拘束される時間は、9:10〜12:15

場所:都教職員研修センター
(水道橋東口下車北に2分、都立工芸高校東隣)





根津さん河原井さんともに、
10月1日から停職が明け、職場復帰しました。

以下は、復帰に際して同僚の皆さんに宛てて
書かれた根津さんの手紙です。


*     *     *

同僚の皆さまへ


 停職が明け、復帰しました。 今日からまた、一緒に仕事をさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

 03年以降ほとんど毎年都教委の指示で異動をさせられてきた身としては、再びあきる野学園で働けるのは、この上なくうれしいことです。新学年を迎えた子どものような心境で今日を迎えました。

 処分された6ヶ月前と現在とでは、政治情勢が大きく変わりました。政権交替があったからと言って、それでいい政治がされるとはまったく思いません。しかし、有権者がきちんと声を挙げることで政治は変わり得るということを、今回の都議選、衆院選の結果は示しています。
 都教委はおかしい! 現場に下ろしてくることは子どもたちのためにならないことばかり!! 「君が代」不起立で処分を受け続ける私だけでなく、教員の多くがそう感じています。三鷹高校をこの春退職された土肥元校長は、それを公表され、裁判に訴えられました。
 復帰に当たり、とりわけ新採の方々に向け、都教委の教育行政について一言述べたいと思います。どうぞ、お付き合いください。

 1999年石原氏が都知事に就任するや、それまで他県と比べ比較的民主主義が活きていた東京の教育は、破壊の一途を辿らされました。指示命令に考えずに従う、さらには、上の意を汲み取り率先して動く従順な子どもをつくるという明確な目的を持って石原都教委は、憲法も教育基本法も子どもの権利条約も、東京の教育目標から削除し、まずは、教員の管理統制に走りました。従順な子どもをつくるために、教員に従順さを求めていきました。
 自己申告書の提出と業績評価・賃金差別、主幹や主任教諭の導入、週案の提出強要、「君が代」不起立・不伴奏での処分、学力テスト・・・・・・。これらを導入したときの表向きの理由を都教委は、「円滑な学校運営」とか、「児童・生徒の学力向上」などとしましたが、本当の狙いが“従順な教員、従順な子ども”づくりにあったことは、明白です。10・23通達についての次の発言・主張は、それを示しています。

 「まずは形から入り、形に心を入れればよい。形式的であっても、(教員や生徒が国歌斉唱時に)立てば一歩前進である」(03.11.11指導部長)

 「(不起立が)一人の人、あるいは二人の人だからいいじゃないのと言うかもしれませんけれども、・・・何しろ半世紀の間につくられたがん細胞みたいなものですから、・・・少しでも残すと、またすぐ増殖してくるということは目に見えているわけです。徹底的にやる。曖昧さを残さない。」(04・4・9元丸紅会長の鳥海教育委員)

 「起立する教職員と、それを拒否する教職員とがいた場合、その指導を受ける児童・生徒としては、国歌斉唱の際に、国旗に向かって起立してもいいし、しなくてもいいと受け取ってしまうのであ」る(07.2.2都教委準備書面)

 果たして学力テストや週案の提出は“従順な教員”づくりとは関係のないことでしょうか。
 学力テストについては、教育の自由を奪い、教員を管理統制するもの、ということで、過去に大きな反対闘争がありました。私は、今も教育行政の狙うところに変わりはないと思います。学力テストが、学力向上に効果がないことは、この間、フィンランドの教育と比較し論じられてきたところです。
 教育課程審議会の会長であった三浦朱門氏の次の発言は、文科省が学力など、何も考えていないことだけでなく、国の教育に対する考え方を如実に示していると思います。都教委もしかりです。
 「平均学力が下がらないようでは、これからの日本はどうにもならんということです。つまり、できん者はできんままで結構。戦後50年、落ちこぼれの底辺を上げることにばかり注いできた労力をできる者を限りなく伸ばすことに振り向ける。百人に一人でもいい、やがて彼らが国を引っ張っていきます。限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」(斉藤貴男著「機会不平等」)。
 週案も、教育の自由を奪い、教員を管理統制するものです。1969年に東京都教職員組合(都教組)と都教委との間で、「一、『週案』『日案』は、強制的に提出する義務はない。 二、行きすぎの校長については、注意し、指導する」(1969年7月7日付都教組新聞「週案に関する都教組−都教委の確認」)ことが確認されました。これは現在も撤回されていませんが、都教委は事実上それを反故にして、提出しない教員に対して校長が圧力をかけてきます。私が2007年度の業績評価において「学習指導」を「D」とされた理由が、週案を提出しなかったこと(他に服装のこと)でした。
 私も当然毎回、授業案を作って授業に臨みます。週案提出を求められるようになった2001年以来、私は「週案を提出することによって、指導助言がされ、私の力量が上がり、生徒の学力が上がるのならば提出しますが、その保証はありますか。その説明をしてください」と校長・副校長(教頭)に言ってきましたが、その説明は未だに得られていません。そんなあやふやな事に応じてしまったら、私の「説明責任」が問われます。責任を持って仕事をしたいので、提出を見合わせているのです。
 私が「君が代」斉唱の際起立の職務命令に従わないのは、「日の丸・君が代」の歴史や意味も知らせず、考えさせずに指示に従わせることが、教育ではなく調教であり洗脳だと考えるからですが、それはまた、石原教育行政が次々に出してきた、上にあげた施策と一体の教育破壊であると考え、沈黙してはいけないと思うからです。
 免職にされなければ、私はあと1年半で退職を迎えます。その時期が迫るにつれて、口はばったい言い方を承知で言えば、おかしいことにおかしいと言い続け行動することが、若い人たちに対して私が残せることだと思うようになってきました。本当のことが言えない社会は戦争の時代。このことは、日本の先の戦争を見ても、現在の他国を見ても明らかです。日本はまだ、ものが言える社会です。人々がものを言い続けることが、ものを言えない社会を招かない一番の道です。みんなで声を出していきませんか?

 私の今後について触れます。
 例年通りですと、今月中に再発防止研修なるものに出席させられます。“自己の意に反しても起立すべき”という気持ちに改心させる、思想改造を目的とした「研修」です。これを拒否すると、また処分されるので、拒否できません。この再発防止研修を経て来春の卒業式で起立をしないと、停職6ヶ月にとどまらず、懲戒免職や「分限事由に該当する可能性がある教職員に関する対応指針」(08年7月15日策定)を使って分限免職にされる危険性があります。指針には、「研修を受講しない、又は研修を受講したものの研修の成果が上がらない」「職務命令に違反する、職務命令を拒否する」「過去に非違行為を行い、懲戒処分を受けたにもかかわらず、再び非違行為を行」う場合は、分限免職にできると明記されているのです。
 どうぞ皆さま、「『君が代』で処分するな。免職にするな」と声を挙げていただけませんか?

 長々とお読みくださり、ありがとうございました。
 人権が保障され、誰もが希望を持ち安心して暮らせる社会の実現と、そのための教育を目指して、皆さんとご一緒に仕事をさせていただきます。

                                2009年10月1日
                                        根津公子



根津公子さんからご支援くださった皆様


ご支援くださった皆様へ

 根津公子です。

 もう、ご存じだと思いますが、先日の卒業式での「君が代」不起立・不伴奏教員に対する処分発令が昨日ありました。12人に処分が発令され、私と河原井さんは停職6月、渡辺厚子さんは停職3月、近藤順一さんは減給6月でした。分限免職は免れました。停職6月は不当ですが、でもでも私たちの勝利です。

 26日にあまりにもひどい「君が代」地裁判決が出され、その判決を待って30日に今回の処分を決める教育委員会が開かれたので、26日以降は不安が募るばかり。教育委員会が終わった30日の昼過ぎ、処分発令の場所と時間を聞かされたときには、私へのそれは、他の人への通常の伝えられ方と違っていたので、それからは一縷の望みも絶たれたような心境でした。

 しかし今回都教委は、私たち不起立を続ける教員に対して、分限対応指針を適用することを断念せざるを得ませんでした。昨年7月15日、再発防止研修に間に合うようにして策定し、再発防止研修の場で「これが見えぬか」とばかりに持ち出した分限対応指針を、今回の私たちの処分に使わなければ、この指針を作った意味は半減してしまいます。ですから都教委は、最後までこれを使いたいと考えていたはずです。昨年は大勢の人の反対の声に押され私を懲戒免職にすることもできず、そして今回は目玉であった分限対応指針も使えず、「君が代」処分を踏み絵として東京の教職員すべてを沈黙させようとした都教委の狙いは6年経った今も達成できませんでした。

 分限対応指針を使わせなかったことは、単に私個人が免職を免れたということではなく、もの言う教職員に対して弾圧する道具とすることを押しとどめたという点において、私たちの勝利だと思います。大勢の人が都教委に声をあげてくださった、その結果の勝利です。皆さん、お力をお貸しくださって、ありがとうございました。

 昨日処分発令がされた後、発令会場の都教職員研修センターを出たときに私、外は暖かかったんだと認識しました。曇り空から少し太陽が顔を出していただけでしたが、全身を柔らかな外気に包まれたようで、思わず、空を見上げました。それから数時間後、この数日出ていて、薬を塗っても消えなかったアトピーが消えていました。

 でも、喜んでばかりはいられません。こちらの様子を窺いながら、隙あらば使ってくるでしょうから。例えば、再発防止「研修を受講してもその成果が上がらない」などとして。10・23通達や分限対応指針を事実上撤廃させるよう、今後ともお力をお貸しください。また、ともにたたかっていきましょう。

 私は数日残務整理をしてから、停職「出勤」を学校と都庁にするつもりです。

 感謝の気持ちを込めて
                                     2009年4月1日



  
 2009年31日(火) 
処分発令 解雇阻止!

根津さん河原井さんともに

停職6ヶ月!
(ともに異動なし)

※根津さんは3年連続、河原井さんは2年連続の停職6ヶ月です。


年は「分限処分」による“「君が代」解雇”が危惧されていましたが、都教委は今年も根津さん・河原井さんを「分限免職」にも「懲戒解雇」にもすることができませんでした!  これもご支援くださった全国の皆さまのお蔭です。この場をお借りして、心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました!
しかしながら、停職6ヶ月という処分は、半年ものあいだ教員を子どもたちから引き離す極めて不当な処分です。(また、その間は給与も賞与も支給されません。)
私たちはこの極めて不当な処分に対し、都教委に抗議を申し入れます! 闘いは今後も続きます。引き続き、皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。


処分発令直後の動画

制作=ビデオプレス(ユニオンチューブ 4分4秒)

詳しい報告はブログ



 30日(月) 
君が代処分を決める都教委の
臨時会が開かれました。

朝8時からのチラシまき情宣活動ののち、根津さん、河原井さん、近藤順一さん、そして約50名の市民らが、都教委臨時会の開かれる都庁第2庁舎30階へ移動、教育委員たちへ声を届けるべく、計十数通の要請書を読み上げ、職員に手渡しました。
そして、都教委臨時会が開かれている議場の教育委員たちに聴こえるように、「君が代解雇をするな!」「分限処分をするな!」「都民の声を聞け!」……の声を届けました。

ブログに「実況中継
レイバーネットに記事
  写真速報
ユニオンチューブに動画

制作=湯本雅典(ユニオンチューブ 3分1秒)




09・3・26 根津さん・河原井さんの2006年事件裁判 判決

本日(3月26日)、東京地方裁判所中西茂裁判長は、
歴史も、教育も、思想・良心の自由も無視した、
秩序維持のためには人権は蹂躙されて然るべし、とでもいうべき、
都教委の主張をまる写ししたような、まさに権力に魂を売り渡した、
恥ずべき許し難い判決を出しました。
暗黒の時代への扉を開くこの「最悪」の判決を
私たちはとうてい受け入れることはできません。
時代への危機意識もなく、人権感覚も論理性もない
このような裁判長に、法を司る資格はありませ
ん。
原告・弁護団は即日控訴しました!

※本日は、被処分者の会の東京「君が代」裁判でも、同じ中西裁判長による
同じような「最低最悪」の判決が出されています。

状況は緊迫しています。31日の処分発令の日までに、
皆さま、根津さん・河原井さんを解雇させないよう、
都教委に抗議の声を集中して下さい! 抗議先


●原告・弁護団による不当判決弾劾声明を是非お読み下さい
UnionTubeに地裁前での動画掲載
レイバーネットに記事・写真掲載
●asahi.comの記事
 http://www.asahi.com/national/update/0326/TKY200903260305.html


 

根津さんが勤務校の卒業式の日、同僚の皆さんに渡した手紙をアップしました。
教員に向けた内容ですが、すべての日本人に読んで頂きたい「手紙」です。

(09/3/24)


あきる野学園 教職員の皆さまへ

                        
     根津公子


 31日に「君が代」不起立で分限免職が発令されるかもしれない緊迫した状況にありながらも、私のことに心を寄せてくださる同僚の方のお気持ちに、私は救われる思いでおります。
 卒業式を控え今の私の気持ちを聞いていただきたく、そして、子どもたちが安心して暮らせる学校、社会を作るために私たちは何をすべきかを考え合う一つの問題提起として、受け止めていただきたく思います。都教委の私に対する弾圧は、私個人だけの問題ではなく、東京の教育にかかわる社会的な問題と思うからです。お若い方にお伝えするために、少し前のことに遡って話を進めます。

 「日の丸・君が代」の取り扱いについては戦後の一時期を除いて文部省が学習指導要領に記述してきましたから、私が在職していた学校でも職員会議で論議がなされてきました。石原都政になるまでは、職員会議での論議がほぼ保障されており、1976年から1999年度まで八王子市の小学校に4年、中学校に2校20年在職した時には、私が在職した学校は「日の丸」も「君が代」も一切を持ち込まない、持ち込ませない、生徒と教員でつくる卒業式を行ってきました。生徒が主体の教育活動は、卒業式・入学式だけでなく、日常的に行うことができました。生徒たちは、学校が大好き、教員を信頼してくれました。

 1989年に学習指導要領に「指導するものとする」と明記されてからは、教育委員会から校長に対し圧力がかかり、職員会議や生徒の要望を無視して「上司の命令」を果たそうとする校長が出てきましたが、それでも良心的な校長は、生徒や職員の声を受け止めようと努力されました。それは、校長自身が、「日の丸・君が代」を持ち込むことを問題と考えていたことが基本にあったのだと思います。Aさんが先日ご発言されたように、日本がした侵略戦争を多少とも知り、歴史の事実から学ぼうと思っている者にとっては、「日の丸・君が代」は肯定できないのです。

 私の母の兄2人は戦死しました。父も戦争に行っていました。そのことを私は幼い時から聞かされていましたが、戦争の実相を知るまでは、昔の出来事でしかありませんでした。18歳のときに読んだ本で初めて侵略戦争であったことを知り、愕然としました。「聖戦」とそそのかされ、赤紙一枚の命令で、他国の人々を殺し尽くす。それが戦争であったことを知った時、私は「戦争に行った父の娘」だとその責任を感じ、それを胸に刻んで生きようと決意しました。現地の方にお話を伺い、知るにつれ、その思いは強くなっていきました。侵略戦争に子どもたちを駆り立てた「日の丸・君が代」・天皇制、侵略した土地に立てた「日の丸」を肯定することはできません。してはいけないと思っています。

 「日の丸・君が代」は国旗・国歌だから尊重すべき、旗に責任はない、とお考えの方がいらっしゃると思いますが、もしもご自分が日本軍によって殺されたアジアの国の人であったら、と考えてみてください。戦争の反省の上には、「日の丸・君が代」の復活はありえません。
 お若い人に向けて、お節介でしょうけれど、子どもたちを戦争に駆り立てた国民小学校・尋常小学校の教科書と、日本に翻弄された方の声を紹介します。歴史から学ぶために、同じ敗戦国のドイツのように学校教育で必須とすべきことなのに、日本では教えることを事実上禁止していますから。

■ 十六 日の丸の旗(初等科修身1 1942年)
・・・祝祭日に、朝早く起きて、日の丸の旗を立てると、私どもは、「この国旗を、立てることのできる國民だ。」「私たちは、しあわせな日本の子どもだ。」と、つくづく感じます。・・・・敵軍を追ひはらって、せんりょうしたところに、まっ先に高く立てるのは、やはり日の丸の旗です。兵士たちは、この旗の下に集まって、聲をかぎりに、「ばんざい。」をさけびます。 日の丸の旗は、日本人のたましひと、はなれることのできない旗です。

■ 第二十三 國歌 (尋常小学校修身巻四 1937年)
・・・「君が代」の歌は、「我が天皇陛下のお治めになる此の御代は、千年も萬年も、いや、いつまでもいつまでも続いてお榮えになるやうに。」といふ意味で、まことにおめでたい歌であります。私たち臣民が「君が代」を歌ふときには、天皇陛下の萬歳を祝ひ奉り、皇室の御榮えを祈り奉る心で一ぱいになります。・・・「君が代」を歌ふ時には、立って姿勢をただしくして、靜かに眞心をこめて歌はなければなりません。・・・

■ 従軍「慰安婦」にされた韓国の金学順(キム・ハクスン)さんの発言 (1991年 「アジアふれあいブック」より)
「機内の窓から外を見ますと、赤い日の丸に似たもの(日本航空のマーク)が目に入ったのです。それを見た瞬間、50年の私の人生をメチャクチャにした日本に対する思いが一気にこみ上げてきて、胸をしめつけられるような感じがしました。軍人たちはどこへ行っても日の丸を掲げて、「天皇陛下万歳」と言いました。日の丸という言葉を聞くだけでも、頭の中がくさってしまうほどいやな思いがする体験をしてきたのです。今でも日の丸を見ると胸がどきどきするのです。・・・あっちこっち引きずり回された私は、日の丸は好きになれません」

 ここまで述べてきたように、「日の丸・君が代」に私は反対ですが、それ自体に反対ではなかったとしても、都教委の今のやり方には反対です。教育を破壊し、民主主義を否定することだからです。
 都教委が権力を乱用し学校にさせている「日の丸・君が代」教育は、考えずに体感覚で覚えさせるというやり方です。これは教育を否定する行為であり、国家の価値観の刷り込み以外の何物でもありません。臭いものに蓋をしたまま、刷り込み洗脳し、お上(国)を絶対と思う、あるいは、お上に逆らわない子どもたち、指示・命令に進んで従う子どもをつくろうとしています。都合の悪い教員を処分で一掃して。事実都教委は、私たちの裁判の中で、「起立する教員と起立しない教員がいると、児童生徒は起立しなくてもいいものと受け取ってしまう」、だから不起立教員を処分するのだと、臆面もなく主張しています。国民の思想統制は、昔も今も学校から行われます。

 私は教員として、知識や資料をもとに自分の頭で考え判断する子どもに育ってほしいと考え、仕事に当たってきました。教員生命がある限り、その基本線を貫くつもりです。「日の丸・君が代」についても、歴史や意味を授業で取り上げ、「尊重」を強制することについて考え合ってきました。
 都教委の不当支配による被害は、直接的には私たち教員が受けていますが、子どもたちに対しては、私たちが加害者となることは構造的に否めない事実だと思うのです。教員が本当のことを言えなくなった学校で、再び、戦前戦中と同じ子どもたちがつくられていきます。

 私は教員になって以来生徒たちに、「自分の考えははっきり主張しよう。よく考えて、間違っていると思ったら、勇気を出して一人でも声をあげよう。正しいと思ったら、一人でも行動しよう」と言ってきました。「10・23通達」が出された時に、処分され、やがて免職の危機が来るだろうことを考えると、不起立に迷いはありました。今だって、経済的にも精神的にもひどい打撃を受けることはできれば避けたい、心配なく、同一の学校で働きたいです。しかし、生徒たちに語ってきたことと矛盾する行動をとることはできません。

 不起立を続け弾圧を受け続ける中で自己と向き合い、少しは私も成長できたかなと思います。いじめを受けたり、つらい立場にある生徒の気持ちを理解することに繋がったかなと感じています。起立を拒否する行為についても私の中では、初めのころの「起立はできない」という気持ちから、「起立を拒否する姿を示そう」というように膨らみが起きています。
 誰もが人権を保障され生きる権利を持つこと、それは誰にも侵されてはならないこと、それが侵害されるときには主張し行動していいのだということを生徒たちに実践的に示していこう、そう考えるようになりました。その考え方が、非正規雇用が増大し、低賃金・首切りが当たり前、食や住にこと欠く人たちが国家政策として大量に作られているこの国で、生きるためのスキルだと思うのです。

 人権が脅かされ本当のことが言えなくなった社会は、戦争に近い社会。南大沢学園、そして、あきる野学園の生徒たちと一緒に生活してみて、戦争になればまっ先に生きる権利が奪われるのは、障がいを持っている人たちであることに思いを寄せます。
 こんなことを考えながら、今日私は「君が代」斉唱時に座ります。

 今日の私の不起立に対し、都教委は31日の処分発令に向けて動いています。明日25日14時、私を西部学校経営支援センター支所に「事情聴取」とやらで呼んでいます。「クビにするな」という大勢の人の声により、昨年私を懲戒免職にできなかった都教委は、今年は昨年7月に策定した「分限対応指針」を使って、分限免職を企んでいるようです。
 都教委のしていることは間違いだ、根津を処分するな、と思われる方は、都教委にファックスやメールを入れてくださいますよう、お願い申し上げます。 

                                      2009年3月24日



 

「君が代」解雇をさせないために、お力をお貸しください

 卒業式での「不起立」処分決定日まで、秒読みの段階になってきました。昨年は都教委に対し、全国の皆さんが電話、ファックス、署名によって声を届けてくださり、また、連日直接声を届けるために都教委に足を運び、要請行動に参加してくださったことによって、懲戒解雇を止めることができました。
 今年は解雇はない、とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、都教委は、今度は分限免職の道を探っているのではないかと思われます。東京新聞、都政新報の記事によると、「君が代不起立に分限対応指針を適用させるか」と聞かれて、「しない」とは答えていません。「ケースバイケースだ」と答えていますから、こちらの出方を見て判断する、ということだと思います。昨年のように、「分限免職をするな。処分をするな」の声を大きくすることで、分限免職は阻止できるはずです。
 つきましては、皆様にお力をお貸しいただきたく、呼びかける次第です。

**********************************************

電話、ファックス、メールでどんどの抗議の声を上げていきましょう。

東京都教育委員会の抗議先

●教育長 大原正行 〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 
都庁第二庁舎 東京都教育庁内
TEL 03-5320-6701 FAX03-5388-1725
●東京都教育委員会 人事部服務課(処分担当)
TEL 03-5320-6792
●東京都教育委員会 人事部職員課
TEL 03-5320-6790 FAX03-5388-1729
●東京都教育委員会 指導部義務教育心身障害教育指導課
TEL 03-5320-6840 FAX 03-5388-1733
●東京都教育委員会 教育情報課
TEL 03-5320-6733 FAX 03-5388-1726

●メール
東京都教育委員会のホームページをあける
左下の方に「ご意見ご要望」がある。そこをクリックするとメール投稿の画面になる



 裁判傍聴支援のお願い
 根津公子さん、河原井純子さんは、現在、同時に複数の裁判を闘っています。学校に民主的な教育を取り戻すためにも、司法の判断は重要です。是非とも傍聴支援、裁判費用カンパなど、お力添えくださいますようお願いします。

※お二人の被処分歴と裁判についての詳細はこちら
※直近の裁判予定は右欄の「裁判日程」をご覧ください。

※東京地裁への地図はこちら
(東京都千代田区霞が関1−1−4 代表 03-3581-5411)
アクセス●地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞が関駅」A1出口から徒歩1分 ●地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分

ぜひ傍聴支援に駆けつけて下さい! 裁判は誰でも傍聴できます。
裁判費用のカンパを随時募っています。カンパしてくださる方は、下記の郵便振替口座へお振込みいただきますようお願いいたします。(その際振替用紙の「通信欄」に、「裁判支援カンパ」とお書き添えください。)
  郵便振込口座:00110−4−279595
  加入者名:河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
   法廷カレンダー



(終了⇒報告

  
 13日(土)
抵抗の灯は消せない!
新たな「皇民化教育」に
どう立ち向かうか?
「解雇させない会」2009総会と記念講演

場所:中野区商工会館 中野区新井1-9-1 電話03-3389-1181
(JR中野駅北口から徒歩7分。ブロードウェイを抜けて横断歩道を渡り右手へ歩いてすぐ。早稲田通り沿い)

18:15〜 第1部 「解雇させない会」総会
  
活動報告と会計報告

19:00〜 第2部
 記念講演:
 関東大震災時の朝鮮人虐殺と秋田雨雀
 講師:山田昭次さん(立教大学名誉教授)
 1923年9月1日に起きた関東大震災の混乱の中で、約6000人ともいわれる朝鮮人が虐殺された。
 官憲の流した「朝鮮人暴動説」に煽られた日本人民衆が朝鮮人探しに躍起になる中、社会主義者たちでさえも「空気」を察し、自警団に参加していった――。
 「国のために」と思い込んで朝鮮人虐殺に加わった日本人民衆に対して排外的ナショナリズムからの自己の解放を訴えた作家・秋田雨雀を通じ、石原-都教委が目論む「報国臣民化」教育に抵抗する道を、参加者とともに考えたい。


19:45〜 ◆不起立教員 思いを語る
  根津公子・河原井純子・近藤順一さんほか現役教員

20:15〜 ◆ディスカッション


*どなたでも参加できます。会員の方もそうでない方もおおぜい来てくださるようお願いします。
*参加費無料


*************************
主催:河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
TEL:042-571-2921




(終了)
平日の夜、路上でのアクションにも拘らず
150名もの参加者を得て、都教委に
「君が代処分をするな」の声を届けました!
寒いなか駆けつけて下った皆様に
心より感謝申し上げます。
報告

「君が代」処分にノー、石原都政にものを言いたいすべての市民団体、
労組、個人に参加を呼びかけます。

「君が代」処分にNo!
3・4都庁前アンサンブル

3・4都庁前アンサンブル
 第2弾!


325日(水) 17:00〜START!


 17:00 都庁第2庁舎前集合
      アピール
 17:15 都教委へ、4日の質問・要請に対する回答を求める要請行動
 18:00 市民・組合からの発言・アピール等(第2庁舎前)
     石川逸子さん(詩人)・北村小夜さん(元教員)・
     崔善愛(チェソンエ)さん(ピアニスト)らの応援発言があります。


※アクション・アンサンブルでは、市民団体と労働組合が共に石原都政に訴えます。

ふるってご参加を!



 
署名6405筆を提出しました
ご協力ありがとうございました!


今年度
(2008年度)も再び取り組みます!

君が代解雇をさせない
緊急署名活動

にどうぞ力をお貸しください!


年は署名活動をはじめ都庁行動・学校訪問・ワンデイ・アクション・意見広告等々多岐にわたる行動に温かい支援をいただきありがとうございました。御蔭様で不当な6ヶ月停職をも有意義に乗り越え、河原井さん・根津さんは10月よりそれぞれの職場に復帰しました。そして卒業式はもうすぐやってきます。今年新たに加わった「分限指針」攻撃の中、河原井さん根津さんへの停職・懲戒免職・分限免職の更なる危機が懸念されます。
攻撃を再び乗り越えるために3度目の署名活動に取り組みます。どうぞ周りの方々や各団体にも広げていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
●詳細はこちら(ブログへリンク)
●署名の趣意書(依頼文)はこちら(PDF)
●署名用紙はこちら(PDF)



(終了)
「君が代」処分にノー、石原都政にものを言いたいすべての市民団体、
労組、個人に参加を呼びかけます。

「君が代」処分にNo!
3・4都庁前アンサンブル

〜石原都政にもの言おう!〜


「君が代」解雇を許すな!
強制で子どもたちをロボットにするな!
おかしいことは「おかしい」と言える社会を!



34日(水) 17:00〜 START!


 17:00 都庁第二庁舎前集合
      アピール
 17:15 第二庁舎10階210号会議室で都教委へ要請
 18:00 アピール(第二庁舎前)
 19:00 終了

※アクション・アンサンブルでは、市民団体と労働組合が共に石原都政に訴えます。
3・4都庁前アンサンブルへの賛同を募っています。↓(個人・団体どちらでも可)
3・4都庁前アンサンブル賛同用紙

★賛同呼びかけ 
河原井さん・根津さんらの解雇をさせない会、東京都障害児学校労働組合、多摩島嶼地区教職員組合、港区教職員組合、新宿区教職員組合、足立区教職員組合、墨田区教職員組合、練馬区教職員組合、葛飾区教職員組合、杉並区教職員組合、江戸川区教職員組合、西多摩公立学校教職員組合、特別区教職員組合、日野市教職員組合、八王子市教職員組合、町田市公立学校教職員組合、アイム89、東京都学校事務職員労働組合(09.2.17現在)

★連絡先 河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会(多摩教組気付
 国立市北1-1-6コーポ翠1F 西 tel 042-571-2921 Fax042-574-3093)

※詳しい内容はこちらの
チラシ


 
(終了)
来春の卒業式まであと3ヶ月!


山手線横断

東京・大上映会


1226日(金) 8:00〜START!

                             ※チラシはこちら
 〈日程〉
・8:00〜  都庁前チラシまき
・11:00〜 都庁前 1回目集会
・14:00〜 新宿西口駅前 アピール・署名活動
・15:30〜 都教委へ要請行動
・16:30〜 都庁前 2回目集会
 (詳細未定、時間はおおよその目安です)

★歌・ダンス・トークなどのパフォーマンスをやってくださる方がいらっしゃれば大歓迎です。「させない会」までご連絡を。

★個人や団体で、都教委への要請書をご用意ください。(させない会にもコピーを1部お願いします。)参加できない方は、ぜひ事前に「させない会」宛てに要請書をお送り下さい。当日一緒に都教委に持っていき、要請します。

★お忙しい時期だと思いますが、少しの時間でも参加していただければうれしいです。いちばん寒い時期ですので、暖かい服装でご参加くださいね。

★のぼり・ゼッケン・プラカードなど道行く人々にアピールするものをご用意ください。


主 催
河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会



 
山手線横断
東京・大上映会


08年126日(土) 18:00〜 (終了)
                             ※チラシはこちら
〈プログラム〉
・落語 「おたから」 
・朗読劇 「日の丸あげて」(原作・赤川次郎) 
  始まりは、一人の頑固おやじだった。
  そこに、ある隣人の嫉みが加わって……。
   弾圧・強制では決してない、市民みずからがゆがんでいく怖さを描く。
  わたしはそのとき、「おかしい」と声をあげられるだろうか?
・うた 「自由と希望」のうた (歌い手・印牧真一郎)
・朗読劇 「かなしい日の丸」(作・大西赤人)
  サラリーマンの夫、大学生の息子、同居する夫の父、
  そして元教員のわたし。
  平凡な家庭の中で繰り広げられる、日の丸への思い……。
   若い人と、どう話そうかと思案中の方、必見です。

・アフタートーク
  会場のみなさんと。河原井純子さん根津公子さんも参加します。


会場:東京しごとセンター
参加費:1000円(前売り800円) こども半額 
メール予約 800円 


主 催:河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
協 賛:「憲法寄席」創作集団



●長編ドキュメンタリー映画『君が代不起立』続編
山手線横断
東京・大上映会


081126日(水) 18:30〜 (終了)

〈プログラム〉
@ 18:30〜 「あきらめない―続・君が代不起立」(08年9月制作・75分)上映
A 20:00〜 特別講演:
渡辺 治さん (一橋大学大学院社会学部教員)
  「東京の教育はどうなる〜曲がり角の構造改革と石原都教委(仮)



会場:なかのZERO小ホール 地図
参加費:1000円 メール予約 800円


主催:ビデオプレス(Tel 03-3530-8588)
&河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会




 
たくさんのご参加、ありがとうございました!
報告はこちら
(「都教委包囲首都圏ネットワーク」渡部さんの報告)

(終了)


阻もう!「君が代」解雇  無くそう!分限指針
山手線横断
10・22 Onedayアクション


08年1022日(水) 8:30

2008年度 One day アクション第1弾を行います。
ご多忙とは存じますが、みなさんのご参加を心から訴えます。

〈プログラム〉
@  8:30〜9:50   水道橋 研修センター前           抗議激励行動
A 10:00〜11:30  水道橋駅付近                街頭アピール  
B 12:00〜13:00  水道橋 研修センター前         抗議激励行動
C 14:00〜15:30  新宿西口 小田急デパート1階前   街頭アピール

D 16:00〜17:00  都庁要請行動     都庁第2庁舎10階 210会議室
内容の詳細はチラシ(PDF)をご覧下さい!


ぜひご参加下さい!
         0819日(金) 18:30〜 終了
河原井・根津裁判の勝利をめざす9・19集会
               9・19集会
 ――都教委の悪知恵? 「分限指針」はおかしいぞ!―― 
 
     会場:中野区立商工会館(JR中野駅北口徒歩7分)
地図
      主催:「解雇させない会」(当会)
●06年裁判が今年度中に判決を迎えます。また、来春、不起立を続ける河原井さん・根津さんに、都教委は「分限免職」を使うかもしれない状況にあります。そのどちらにも勝たねばなりません。皆さん、お力をお貸しください。どうぞ、集会にご参加くださいますようご案内申し上げます。

         集会の詳しい内容は
チラシをご覧下さい。




「解雇させない会」より大討論集会のご案内です! 


       ★6・15のつどい (終了)


「君が代」解雇は止めた! みんなで話そう これからを」


                               ⇒チラシ
 
08年6月15日(日) 13:15〜16:30
 
於:新宿農協会館(新宿駅南口から徒歩3分・地図↓)

       
http://ide-web.net/event/data/honbu_map070929.pdf#search

 <プログラム>
 13時15分 第3回 解雇させない会総会 1年間の活動報告・会計報告
 13時30分 映像 ―解雇阻止の闘い―
 13時40分 さまざまな形で解雇阻止を闘った方々の報告
 ――休憩――
 14時50分 ディスカッション ―これからの闘い―
   報告をうけて、会場からの発言を募ります。
   これからの方向を議論する場です。
   多くの方のご意見をお願いします。
 16時20分 まとめ

 ●主催 河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
   http://homepage2.nifty.com/kaikosasenaikai/
   http://kaikosasenaikai.cocolog-nifty.com/
 連絡先:多摩教組 TEL 042-571-2921

 


「歌わないとクビ」なんてありえません!


              ●連日の行動●
08年
3月24日(月) 終了 報告はこちら ブログもご覧下さい
      3・24都教委行動が、海外ブログにも紹介されています。
      また、解雇させない会英語版ブログにも独自編集で掲載しています。

3月25日(火) 終了 報告はこちら
3月26日(水) 終了 報告はこちら
3月27日(木) 3・27 根津さんをクビにしないで!処分前日アクション
          終了 報告はこちら

3月28日(金)
 終了 報告はこちら
 ★都教委定例会傍聴――不起立者の処分決定――
3月31日(月) 終了 報告はこちら
 ★処分発令


緊急のお願いです!
トレーナー処分に抗議の声を!

                                
[2008・02月]
3月の卒業式を前に、根津さんへの新たな攻撃が始まりました。
背中に「OBJECTION HINOMARU KIMIGAYO」と書かれた
トレーナーで解雇処分?!

根津さんが、背中に「OBJECTION HINOMARU KIMIGAYO」と書かれた
トレーナーを昨年10月に学校で着用していたところ、
尾崎校長から脱ぐように再三にわたって注意を受けました。
しかし根津さんはこの不当な指示に従わなかったため、校長は都教委に
「職務命令違反、職務専念義務違反」で報告を上げました。
そして2月1日に根津さんは都教委に呼ばれ、事情聴取をされました。
もしこの一件が「職務命令違反」ということになれば、
卒業式を待たずに解雇という事態も危惧されます。

「OBJECTION HINOMARU KIMIGAYO」と書いてあるトレーナーを
着用していただけで「職務専念義務違反」って? クビって??
そんな横暴は決して許してはなりません!
ぜひ、多くの抗議の声を集中して下さい!!

2月14日、21日の都教委定例会では、根津さんの処分は議題に上りませんでした。
これも根津さんと多くの市民による連日の都教委への直接抗議・要請行動の
成果だと思われます。2月中の緊急行動には、連日数十名から百名を越える
多くの方々のご参加をいただきました。自発的に集まってくださる市民の
皆さんの多くの声は、都教委の職員一人一人にも影響を与えていると思います。
心より感謝します。(ブログに報告があります)
しかし、34(火)の都教委定例会では、
根津さんへの処分が審議されたかどうかすら未だ不明です。
要請・抗議・定例会傍聴等、引き続いてのご支援をよろしくお願いします。

都教委からの公示など、詳細は事務局までお問い合わせください。

※事態は流動的ですので、ブログのチェックをお願いします。

 参加できる方は都庁へ、
参加できない方は抗議電話を、
さらには、抗議はがきを広めてください。


●都教委人事部服務係(処分担当)
 電話 03-5320-6792
●都教委総務部教育情報課(苦情受付担当) 
 電話 03-5320-6733
●南大沢学園養護学校 尾崎祐三校長/鈴木副校長
 電話 042-675-6075


*  *  *
*以後の詳しい予定表はこちら
直近の情報はブログを参照してください
★2/14の都教委での根津さんの訴えの映像
★2/13付の東京新聞に「服のロゴでクビ?」のタイトルで記事が掲載されました。



「え? 歌わないとクビ!?」
意見広告
08318日(火)読売新聞夕刊(東京版)に
掲載されました!

掲載地域は東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・茨城・栃木(235万部)です。
サイズは前回の朝日新聞の半分になります。



日(土)、2日(日)には
朝日新聞
に掲載!

 「君が代解雇をさせない意見広告」へはたくさんの方々からご賛同いただきました。誠にありがとうございました。
 おかげさまで、3月1日、2日に 「えっ、歌わないとクビ?!」という見出しで、「朝日新聞」に5段(1/3ページ)の大きさで意見広告が掲載されました。皆様のご協力に深く感謝いたします。(掲載地域はこちらをご覧下さい。合計部数=約750万部[誤差10万部])

 しかし残念ながら、全国版に掲載することは、あと一歩のところでかないませんでした。ご賛同頂いたにもかかわらず掲載されなかった地域の皆様には、心よりお詫び申し上げます。集まった金額、広告の大きさ、部数等で総合的に掲載地域を検討し、判断した結果です。どうぞご了承下さい。


 「解雇させない会」では、3月3日、4日の都庁での「トレーナー解雇をさせない」情宣・要請活動から、この広告をビラに利用します!
みなさんもどうぞご活用ください。

基金賛同者名一覧&賛同メッセージはこちら


抗議はがき集中作戦始動!
できるだけ多くの声を、ことばを、
都知事・都教委・校長らへ届けましょう!

*プリンターで印刷できるサンプルはがきを用意しました。




 署名のお願い
●「解雇させない会」では、都教委教育長教育委員長、根津さんの勤務校である都立南大沢養護学校長、河原井さんの勤務校である都立八王子東養護学校長宛に、「卒業式に関わる一切の職務命令を出さないこと」などを要望する署名を集めています。
●署名の第2次締切は(2007年)12月末の予定でしたが(署名用紙にもその旨記載されていますが)、第2次締め切り以降も署名を継続することになりました。 引き続き皆様のご協力をお願い申し上げます。
 以下から署名用紙のダウンロードができます。

 署名用紙のダウンロード
  ●日本語版はこちら
  ●英語版はこちら
  ●フランス語版は作成中
 ネット署名(⇒休止中)
  ●日本語版
  ●英語版
  ●フランス語版
  ●ドイツ語版

これまでに寄せて頂いた海外からの署名メッセージはこちら





 3・10One Day アクション
                     (終了)

都庁前One Dayアクション第3弾は、朝8時からのチラシ撒きに始まり、4回にわたる抗議・要請、そして広場でのリレートーク、歌などの、「君が代解雇」をさせない! の意思表示に延べ250人ほどが集まり、都教委に直接声を届けました!

3・10のもようはこちらこちら
3・10のチラシはこちら

前回(第2回)12・25のもようはこちらへ(UnionTubeへリンク)
       (映像で見られます)
12・25の内容の詳細はこちら
★前前回10・5のもようはこちら

海外からの連帯メッセージ



河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会

〒186-0001 東京都国立市北1−2−12 山本マンションA号
多摩島しょ教職員組合(略称:多摩教組)気付
TEL&FAX:042-574-3093
Eメール:sasaerukai-santama★nifty.com
※迷惑メール対策のため、Eメールは、上の★マークを@マークに変えてお送り下さい。
郵便振込口座:00110−4−279595
Copyright(C) 2006〜 河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会.
All Rights Reserved.