河原井
さん根津さんの被処分歴と裁判

(2008・04更新)


河原井さんの場合

2003年、東京都立七生養護学校で、多くの教員と共にきわめて創造的な人間教育を実践中に、七生養護学校性教育破壊事件に遭遇する。



*七生養護学校の性教育破壊事件とは


 七生養護学校は知的障がい児を対象にした学校で、学校や連携する施設の中で子どもたちの性被害や性加害事件がかなりの頻度で起こっていたことから、教員や保護者たちによって子どもたちの実情に沿った独自の保健性教育の授業実践が進められていた。工夫を凝らしたユニークな教材も作られ、その時点で既に10年ほどの積み重ねがあった。
 2003年7月、都議会で土屋敬之議員が七生養護学校を名指しして、「行き過ぎた性教育」と問題にし、また、都知事、教育長が「あきれ果てる」「不適切」と答弁したのがことの始まり。その2日後には、都議、市議、都教委が産経新聞記者を同行して七生養護学校に乗り込む。そして、新聞は「まるでアダルトショップのよう」などと書きたて、都教委は性教育の教材などのあらゆる資料を没収していった。さらに、教員や前校長など116名に厳重注意等の処分をするとともに、「学校経営アドバイザー」なるものを配置し、教員を見せしめ異動させ、七生の教育を破壊させた。
 七生の性教育は、ハンディのある子どもたちと生活する中から七生の教員たちが編み出した、子どもたちにとって大事なものだった。これをきっかけに、東京の学校では、性教育の図書や教材が子どもたちの目から隠されてしまった。処分された教員たちは、同じ想いの保護者と共に〔33名〕地裁に提訴し、係争中。河原井さんの処分は厳重注意〔河原井さんにとっては第1次被処分 2003・12〕。(こころとからだの裁判=ここから裁判)。



●第1次被処分(2003.12) ……七生養護学校 上記性教育事件……厳重注意 係争中

<七生養護教育への攻撃の3ヶ月後に、「10・23通達」出される>

●第2次被処分(2004・3)……七生養護学校 卒業式
 「日の丸・君が代」強制不服従  職務命令違反……戒告 
「被処分者の会」のメンバーと共に係争中

●第3次被処分(2004・4)……七生養護学校 入学式
 「日の丸・君が代」強制不服従  職務命令違反……減給1ヶ月
 
                              都障労組の三輪さん・丸子さんと共に係争中

●第4次被処分(2005・3)……七生養護学校 卒業式
 「日の丸・君が代」強制不服従  職務命令違反……減給6ヶ月 
係争中
                               都障労組の三輪さん・丸子さんと共に係争中

<2005・4 調布養護学校へ異動 調布養護の入学式時は通院休暇>

●第5次被処分(2006・1)……調布養護学校 30周年行事
 「日の丸・君が代」強制不服従 職務命令違反……停職1ヶ月(3・14〜4・13) 
係争中

<2006・4 停職期間中に八王子東養護学校へ異動>

●第6次被処分(2007・3)……八王子東養護学校 卒業式
 「日の丸・君が代」強制不服従 職務命令違反……停職3ヶ月 ボーナス0 係争中
※停職期間中、不当処分を訴えて全国行脚を敢行した。


●第7次被処分(2008・3)……八王子東養護学校 卒業式
 「日の丸・君が代」強制不服従 職務命令違反……停職6ヶ月 ボーナス0
 執行停止要求 人事委員会へ提訴


根津公子さんの場合

●第1次被処分(1994・3)……八王子市立石川中学校
 校長は職員会議の決定を破り卒業式に「日の丸」を揚げた。生徒が「先生下ろそうよ」「下ろして」と叫ぶ混乱の中、根津さんが下ろし、減給処分

●第2次被処分(1995・3)……八王子市立石川中学校
 職員会議での決定を無視して「日の丸」掲揚を強行した校長の行為を「身近な社会問題として考えてほしい」と学級通信で取り上げたことで、訓告処分

●第3次被処分(1999・3)……八王子市立石川中学校 石川中裁判 2005・6・16 最高裁で上告棄却
 石川中事件 卒業式前の特設授業で、地下鉄サリン事件実行犯の元オウム信者の裁判証言が載った新聞記事をもとに、「自分の頭で考えよう」をテーマにしたプリントで、教員・生徒の反対があるのに「日の丸」掲揚を強行する校長の行為を批判的に取り上げたことを問題にされ、訓告処分
 これは根津さんの授業内容そのものを問題にした処分であり、教育行政は教育基本法第1条「教育行政の教育現場への不当介入禁止」を公然と踏みにじった。
 東京地裁八王子支部に提訴(01年4月)。しかし地裁は、「原告の授業は通常必要となる手段であると評価することは困難である」という曖昧で“素人評定”にような言い方で訴えを棄却。八王子市教委が教員の授業内容そのものに直接介入し、圧力を加えた「教育への不当介入」という肝心の点について、地裁は憲法、教育基本法に照らして厳正に判断することを避けた。
 控訴審では新たに(1)・(2)の陳述書を提出し、証人申請をした((1)「日の丸・君が代」の強制は文部行政の不当な圧力であることを、広島県の例をあげて証明。 (2)問題とされた授業を受けた当時の生徒たちが、今もなおその授業を肯定的に捉えていることの証明)。しかし、裁判官は控訴人側の証人申請を理由も説明せずに「棄却」。上告審も05年6月「棄却」に。

●第4次被処分(2002・3)……多摩市立多摩中学校 多摩中裁判 係争中
 指導力不足教員でっち上げ攻撃=多摩中事件  家庭科の「男女共生社会を生きる」をテーマにした授業六時間のうち2時間を使って、卒業を迎える3年生に対し、「現代に通じる女性差別の問題」として従軍「慰安婦」問題を取り上げた授業が狙われた。「従軍慰安婦は家庭科ではない」と市議会で叩き、「苦情」が出たとして、都教委・多摩市教委・地元の一部勢力が関わって、魔女狩り的に根津さんを「指導力不足等教員」に仕立てて現場から外そうとした。
 市民、組合の連日にわたる行動もあり、結局都教委は「指導力不足等教員」にはできなかったが、一連の攻撃の中で協議会への出席を命ずる職務命令に違反したとして減給3ヶ月処分

◎見せしめ強制異動(2003・4〜)……調布中〜立川二中〜鶴川二中〜南大沢学園養護…
 ■2003年4月、都教委は自ら定めていた教員異動要綱(「通勤時間は60〜70分を標準とし、90分まで可能とする」)を破り、根津さんを120分(往復約4時間)かかる調布市立調布中学校へ異動させた。しかも調布中には既に家庭科の教員がおり、根津さんは最初から見せしめ「過員配置」。 都人事委員会に審査請求。
 その後7月に、都教委は「異動要綱」を一方的に破棄。2003年10月23日に10・23通達を出してからは、逆らう教員に対する脅迫的異動攻撃が始まった。
 ■04年3月、 調布中での卒業式は口頭での職務命令が出、事情聴取もされたが処分なし(全都で193名の被処分者)。
 ■04年4月に立川市立立川第二中学校へ見せしめ異動。(2004/4 立川二中の入学式は外警備のため式に参加せず。) 
 人事委員会は「不利益は解消されたから審理請求を却下する」と不当裁決を出した。同年9月、東京地裁に提訴。07年2月上告審「棄却」。 1審は、原則「異動要綱を逸脱してはいけない」が、本件では6つの「特段の事情があった」のだから90分を越えても仕方ない、とした。控訴審は、「異動要綱は法律でも条令でもなく」拘束力はない。異動は「都教委の裁量」であるとして異動要綱の法規性を否定。異動は都教委の自由というに等しい判決。
 立川2中へは通勤片道90分。しかしここにも既に家庭科の教員がおり、過員配置。授業はすべてその教員と二人でやるT・T(Team Teaching)。 着任1年目の04年度末には、「過員解消」と、改悪された異動要綱の「1年での異動可」を根拠に、またも都教委の意思による「見せしめ異動攻撃」をかけられるが、大勢の方の力を得てはねのけることができた。
 ■06年4月には通勤時間片道2時間の町田市立鶴川第二中学校へ異動となるが、ここでもまた過員配置。
 ■翌年(07年)再び1年で異動させられ、4月から都立南大沢学園養護学校。
 ■08年4月からは都立あきる野学園へ異動となっている。

●第5次被処分(2005・3)……立川市立立川第二中学校 卒業式

 「日の丸・君が代」強制不服従 職務命令違反……減給10%、6ヶ月
 次の停職1ヶ月処分と併合で、「君が代」不当処分撤回を求める会(東京小中学校教員)と共に吉峯法律事務所から提訴係争中

●第6次被処分(2005・4)……立川市立立川第二中学校 入学式

 「日の丸・君が代」強制不服従 職務命令違反……停職1ヶ月・ボーナス0  係争中
  「公務員の憲法擁護の義務を全うする」という意思のもと、不起立。前代未聞の処分に対し根津さんは門前まで出勤し、停職出勤という創造的闘いをあみ出した。
 

●第7次被処分(2005・12)……立川市立第二中学校
 再発防止研修時のゼッケン着用などへの言いがかり処分 職務専念義務違反……減給1ヶ月
 弁護士なしで被処分教員と共に人事委員会に提訴中
都教委は、不服従教員に対して思想転向を迫る「再発防止研修」なるものを強行。受講時、これに「異議あり」とゼッケンを着用した教員に対し、「職務専念義務違反」という名目で、言いがかり的な処分を出した。
 

●第8次被処分(2006・3)……立川市立第二中学校 卒業式 
 「日の丸・君が代」強制不服従 職務命令違反……停職3ヶ月 ボーナス0  係争中
 累積処分をやめろという全国からの署名にもかかわらず、累積処分の結果、停職3ヶ月 ボーナス0。
 (さらに見せしめ強制異動で町田市立鶴川二中へ。)停職期間中は、強制異動させられた鶴川二中と前任校の立川二中の両方に3ヶ月の「停職『出勤』」を敢行し門前アピール。

●第9次被処分(2007・3)……町田市立鶴川第二中学校 卒業式
 「日の丸・君が代」強制不服従 職務命令違反……停職6ヶ月 ボーナス0  係争中
 またもや見せしめ強制異動で、07年4月からは南大沢学園養護学校勤務。
 停職処分中の6ヶ月間は、立川二中、鶴川二中、南大沢養護の3校での門前アピールを敢行。


●第10次被処分(2008・3)……都立南大沢学園養護学校 卒業式
 @卒業式の「君が代」不起立で職務命令違反 A 「OBJECTION HINOMARU KIMIGAYO」のロゴ入りトレーナー着用で職務命令違反・職務専念義務違反 @とAを合わせて信用失墜行為の禁止違反……停職6ヶ月 ボーナス0
 都教委は「停職は6ヵ月まで」としていたことから、今年は根津さんの「解雇」が危惧されていた。しかし結果は再び「停職6ヶ月」。都教委は「累積加重処分」をみずから停止せざるを得なかった。
 「君が代」処分自体が違憲性の極めて高い不当な処分あり、半年間も仕事を奪い、収入を途絶えさせる停職6ヶ月処分は許しがたいことではあるが、この勝利は、根津さんの解雇阻止のために連日都庁に集まり行動してくださった支援者たち、都教委にいろいろな形で声を寄せてくれた全国の、いや、世界各国の人たち、そして問題意識を持って報道してくれたマスコミも含め、総合的な力によるもの。
 根津さんはまたもや見せしめ異動で、4月からは都立あきる野学園へ異動となった。10月までの半年間は「停職」中なので、今年はあきる野学園、南大沢学園特別支援学校、鶴川二中へ「停職出勤」を行う予定。


 
河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会

〒186-0001 東京都国立市北1−1−6 コーポ翠1階
多摩島しょ教職員組合(略称:多摩教組)気付
TEL:042-571-2921 FAX:042-574-3093
Eメール:sasaerukai-santama★nifty.com
※迷惑メール対策のため、Eメールは、上の★マークを@マークに変えてお送り下さい。
郵便振込口座:00110−4−279595