タイトルイメージ 本文へジャンプ

アラン・ブロッサ氏(サン・ドニ市パリ第8大学哲学教授)より
教育機関での国旗敬礼を拒絶したために処分および嫌がらせを

受けている日本の同僚へのメッセージ(フランスより)


教職に携わる皆様へ

 集団的記憶、歴史的記憶の諸問題について、私は長年にわたり研究しておりますが、これらのテーマが、国家ならびに統治者たちと、社会一般または記憶に関するサークルや社会団体との間に、いかに激しい対立の構成要素となっているかを見てきました。民主主義的伝統にこの上なく恩恵を授かっている諸国も含め、至るところで、全般的には国家によって、特定分野では様々な政府機関によって、「過去を統治する」意図は多かれ少なかれ執拗に現れております。こういった過去に対する管理は――必然的に生存する者らを管理する方法の一つでもあるのですが――、あらゆる手段を駆使して進められております。それは例えば、記念式典や歴史教育上の規制、あるいは、現在の政治観にかなった諸目的のために、歴史のある部分を拾い上げて利用する作業などです。過去を統治するというこうした意図は、真理あるいは客観性を気にかけることはありません。例えば私の国においては、拷問の組織的実践・市民虐殺・消息不明者の続出・居住区の破壊など、アルジェリア独立戦争下で犯した国家犯罪の数々を、1962年以来、歴代の政府は否認し続けております。
 統治目的のために過去を「動員」する形式のなかでも、社会一般の心理、そしてとりわけ若者の心理を操作するために、過去の出来事を賛美し、再構成し、偽造することは、最悪な部類に入ることでしょう。まさしくこれは、あなた方の国の教育当局が行っていることであり、その実践として、あなた方が勇敢にも抗議している国旗にまつわる擬似愛国主義政策が行われているわけです。教育機関における国旗掲揚の強制という、まやかしでしかないこれらの儀式の第一の使命が何であるかは、異国の一観察者にとっても明白です。その使命とは、中国大陸ならびに東南アジアにおける大日本帝国の領土拡大期とは何であったかを、また、その過程に伴なって行われた一連の戦争犯罪や人道に反する罪を、若い世代の記憶から永久に抹消させようとすることです。

 あなた方が参加を拒否しているこれらの儀式は、廃れているようで実は非常に効力をもっており、率直に告発されるべき事象に属しています。その事象とは、国家によるナショナリズム的な過去の利用や、民主主義的規範性への暴力的な違反を伴なって行われる統治者による過去の掌握、といったものです。実際、民主主義国家においては、各自の感受性と信条に基づいて、自国の過去と個人的な関係を見つめ直す自由を、市民は保証されるべきです。中でも論争を巻き起こす点については尚更のこと、その自由が保証されなければいけません。あなた方が困難な状況の中で抵抗している「国旗の政策」は、以上のような規則に明白に反しているばかりか、児童あるいは青年層を標的にしているだけに、いっそう醜悪なものであると言えます。

 教員かつ研究者として、私はあなた方の闘争に連帯を表明するとともに、あなた方に加えられた処分に反対して立ち上がらないではいられません。こういった闘争においては、口を閉ざす多数派ではなく、「正義」と「真」を曲げない人々が道標となるのです。この闘争によって、「思想及び良心の自由と批判的精神というものは、服従と従順に優る価値であり続ける」と考えるすべての人々、とりわけ教員及び研究者らの敬意が、あなた方に向けられるに違いありません。


                アラン・ブロッサ(サン・ドニ市パリ第8大学哲学教授、東京大学元客員教授)




SUD Education「スュッド・エデュカシオン」(フランス)からのメッセージ

 ソリデール組合連合*のメンバーであるフランスの教員組合スュッド・エデュカシオン連盟は、根津さんをはじめとする日本の教員たちが現在、国家主義的な慣例を強制されることを拒否したために教育行政当局から弾圧を受けていることを知りました。
 教育法の自由は、教職者にとって基本的な価値観のひとつです。憲法で個人の自由が保障されているのに、この自由が日本の同僚に許されないとは、私たちにとって信じがたいことです。
国旗の掲揚と国歌斉唱はすべての人々にとって、20世紀前半の専制的で国家主義的な政体を思い起こさせます。
私たちはまた、日本で歴史教育が検閲を受け、行政当局によって歴史修正主義や否認主義が助長されていることも知りました。
 あらゆる民主主義にとって危険だと思われるこうした対応を、私たちは断固として糾弾します。
 教員組合スュッド・エデュカシオンならびにソリデール組合連合は、不法な停職などの被害を受け、解雇のおそれのある日本の教職員たちを全面的に支援します。
 私たちは当局に対して、このような卑劣な処罰を放棄することを公式に求めます。教員たちの権利の蹂躙に終止符を打つことを要求します。
 私たちは今後も情勢を注意深く見守り、日本の当局の対応に関する情報を広く流布していきます。
最後に、服従を拒みつづける日本の同僚たちの勇気に私たちは再び敬意を表し、連帯のメッセージを送ります。
あなたがたは決して孤立してはいません。私たちの支援を励みにしてください!

*教員組合のスュッド・エデュカシオンは、さまざまな職業分野にできたSUDを中心にして出来た44の組合の連合体、ソリデール(「連帯して」の意)組合連合(Union Syndicale Solidaires)に属している。



12・25 アーリン・イノウエさん(アメリカ)からのメッセージ


12・25集会に参加された兄弟姉妹の皆さん!

 今日は特別な日です。なぜなら皆さんが、東京都教育委員会による不正義かつ不当な処分と命令に反対する闘いと連帯し結集されたからです。

 日教組の指導部が、皆さんを支持して共に闘うことが出来ないということをとても残念に思います。しかしながら、48,000の教師を組織するロサンゼルス統一教組(UTLA)の組合員、ならびに数百の生徒たち、教育者、保護者と「学校の軍事主義に反対する連合」(CAMS)のコミュニティーは、皆さんと共にあります。「日の丸・君が代」に関わる命令に反対して処分を受けている根津さん、河原井さんなどすべての教師の方々を支持することで一致しています。

 私たち教師は、若者たちが民主的社会の一員たるべくその教育課程を経験できるよう、批判的なものの見方を持ち、熱心な学習者、思いやりのある市民として成長するよう促す責任を有していると考えます。私たちの学校で学ぶ生徒たちは、明日の指導者でありまた市民なのです。皆さんがこの道に真剣に取り組んでおられることに感謝いたします。教師たちは、この道を効果的に実践すべきであり、学問の自由を堅持し、すべての子どもたちを教育していくために、学校区の支部長たちの支持を得ることは極めて重要です。

 ブッシュ大統領によりサインされた2002年の「落ちこぼれ防止法」(NCLB)は、アメリカの学校にネガティブなインパクトを与えました。それは、学ぶことの喜びを、個々の欲求と違いを考慮しない定型のロボットのような教えと、決まりきった試験に変えてしまいました。全国教育協会(NEA)、カリフォルニア教員協会(CTA)とロスアンゼルス統一教組(UTLA)は、NCLB法に強く反対しています。
 私たちは、日本がこのアメリカの方向をたどらないことを強く望んでいます。またNCLB法は、公立学校を利用して生徒の個人情報を得ることで、募兵活動そのものを容易にするものです。私たちCAMSは、学校における軍国主義の増大に注目し、代わるべきものを対置して闘っています。NCLB法は同時に、私たちが猛反対している教育システムの民営化を奨励し、気づかぬ内に推進しています。

 皆さんは、「日の丸・君が代」肯定してやまない教育委員会による命令に強く反対するという、全く正しいことを実行しています。教育者として、また平和と正義の擁護者として、皆さんの声を封殺しようとする不正義かつ違法な命令に反対して団結するという、正に正当な行動を展開しているのです。

 根津さん!私たちはこの闘いを遂行する貴女の強さと決断に、心より誇りを感じています。数々の屈辱、教員としての誇りの剥奪、重い賃金カット、不当な配転攻撃そして「服従しない」教師として「烙印」を押されるなどの個人的な犠牲に、貴女は耐えてきました。アメリカにおける私たちのような労働者を激励してくれています。貴女の勇気は私たち自身の闘いを鼓舞してきましたし、「君が代不起立」のビデオはわたしたちに大きな感動を与えています。貴女の非暴力の抵抗と生徒や保護者との接し方は、生徒たちの生きかたを深く気遣う人の素晴らしい実例と言えます。

 貴女はまた、私たちは共に闘わねばならないことを教えてくれました。私たちの団結は決して消すことはできませんし、私たちの絆と世界への共通の願望・希望を切り離すことは出来ません。あなたの行動は、アメリカ人の心と精神の核心に触れるものであり、より積極的な行動をかき立てるものとなります。私たちは共にあり、共に前進します。

 教師は、若者の将来の生きかたに重要な役割を持っています。この闘いにおける重要性を掴んで放さない貴方の意志に感謝します。

がんばってください!
平和と愛を込めて、

アーリン・イノウエ
CAMS世話人
UTLA、CTA、NEA代議員



12・25 カナダからのメッセージ


2007年10月1日

東京都知事 石原慎太郎殿
東京都教育長 中村正彦殿

以下に署名しました我々は、映画「君が代不起立」を鑑賞後に、東京都の教師たちが学校行事で国歌「君が代」斉唱と起立を拒否したが為に、懲戒と減給処分を被ってきたことを知り、憚りながらもまったくの驚きを表せざるを得ない気持ちでおります。教師たちがこの歌と結びついた軍国主義的価値を支持することを望まなかった故に処罰されていることはすぐに分かりました。日本国憲法は市民に思想及び信条の自由を保証していると、我々は理解しております。 教師たちが自分たちの信条に従ったことに対して、懲戒処分を課すという教育委員会殿の決定は、この重要な権利を露骨に無視しているものと思われます。

我々は、教育委員会殿がこの件において懲罰的処分をとられることを止め、貴国の現行の憲法における思想及び信条の自由の条項によって規定されている、教師たちの民主的権利を回復させることを謹んで要請致します。我々は、2006年9月21日の東京地裁判決に従うこと、及び、学校行事で「君が代」斉唱と起立を拒否する教育就業者に対する解雇や更なる懲罰を止めるよう貴殿に訴えます。我々は、更に、東京都教育委員会によって実施された懲罰的手段の結果として経済的損失を被った全ての教育者へ弁償するよう、貴殿に訴えます。

平和と共に、敬意を込めて

教員有志
ブリティッシュ・コロンビア州 カナダ